”BIGBOSS”に関するお役立ち情報を随時更新中!

ページタイトル

BigBossの全銘柄取引時間一覧

BigBossの全ての取引銘柄の取引時間に関する情報をまとめました。

BigBossの取引時間に関する注意点

夏時間と冬時間で取引可能な時間帯が異なります。

切替日対応
夏時間3月の第二日曜日の2:00時計の針を1時間進める
冬時間11月の第一日曜日の2:00時計の針を1時間前に戻す
FXの取引可能時間
夏時間(月曜) 午前6:05 ~ (火曜) 午前6:00
(火曜) 午前6:05 ~ (水曜) 午前6:00
(水曜) 午前6:05 ~ (木曜) 午前6:00
(木曜) 午前6:05 ~ (金曜) 午前6:00
(金曜) 午前6:05 ~ (土曜) 午前5:55
冬時間(月曜) 午前7:05 ~ (火曜) 午前7:00
(火曜) 午前7:05 ~ (水曜) 午前7:00
(水曜) 午前7:05 ~ (木曜) 午前7:00
(木曜) 午前7:05 ~ (金曜) 午前7:00
(金曜) 午前7:05 ~ (土曜) 午前6:55
CFD(貴金属・指数・エネルギー)の取引可能時間
夏時間(月曜) 午前7:00 ~ (火曜) 午前6:00
(火曜) 午前7:00 ~ (水曜) 午前6:00
(水曜) 午前7:00 ~ (木曜) 午前6:00
(木曜) 午前7:00 ~ (金曜) 午前6:00
(金曜) 午前7:00 ~ (土曜) 午前5:55
冬時間(月曜) 午前8:00 ~ (火曜) 午前7:00
(火曜) 午前8:00 ~ (水曜) 午前7:00
(水曜) 午前8:00 ~ (木曜) 午前7:00
(木曜) 午前8:00 ~ (金曜) 午前7:00
(金曜) 午前8:00 ~ (土曜) 午前6:55
暗号通貨CFDの取引可能時間
夏時間(月曜) 午前6:05 ~ (火曜) 午前6:00
(火曜) 午前6:05 ~ (水曜) 午前6:00
(水曜) 午前6:05 ~ (木曜) 午前6:00
(木曜) 午前6:05 ~ (金曜) 午前6:00
(金曜) 午前6:05 ~ (土曜) 午前6:00
(土曜) 午前6:05 ~ (日曜) 午前6:00
(日曜) 午前6:10 ~ (月曜) 午前6:00
冬時間(月曜) 午前7:05 ~ (火曜) 午前7:00
(火曜) 午前7:05 ~ (水曜) 午前7:00
(水曜) 午前7:05 ~ (木曜) 午前7:00
(木曜) 午前7:05 ~ (金曜) 午前7:00
(金曜) 午前7:05 ~ (土曜) 午前7:00
(土曜) 午前7:05 ~ (日曜) 午前7:00
(日曜) 午前7:10 ~ (月曜) 午前7:00

休日・取引時間外は注文・決済ができない

BigBossでは、営業時間外には注文や決済が不可能です。週末や取引が不可能な期間に社会情勢が変動する可能性がある場合、多くの人々が大きな損失を回避するために慎重に行動しています。

取引可能な時間を把握していないと、予期せぬ損失を被る可能性があるため、事前に確認しておくことが重要です。

BigBossの祝日の取引時間

BigBossでは、祝日に関して取引時間や営業日が変更されることがあります。

クリスマス・年末年始の取引時間・営業日

BigBossの取引時間は、クリスマスや年末年始において変更されることがあります。これに伴い、取引時間変更に関する通知が届く可能性がありますので、近づいた際にはメールを確認してください。

※過去の営業日を参照に営業日を掲載しています。

日程取引時間予想
12/25(月)閉場
12/26(火)~12/29(金)通常通り
12/30(土)閉場
12/31(日)閉場
2024/1/1(月)閉場
1/2(火)翌2時開場
1/3(水)通常通り

開場時間とFX相場の値動きの特徴


FX取引を行う際には、各国市場の営業時間を理解することが極めて重要です。これは、異なる市場ごとに価格変動の特徴が存在し、利益を追求しやすくなるからです。

初めて海外FXに取り組む人々は、取引時刻に差がないと考えがちですが、市場の特性を知ることで勝率が向上します。市場は大まかに下記の4つに分類されます。

地域開場時間
オセアニア市場6:00~8:00
アジア(東京)市場9:00~15:00
ヨーロッパ市場15:00~24;00
ニューヨーク市場20:00~翌6:00

オセアニア時間の相場値動きの特徴 6時~16時

オセアニア時間は、オーストラリアやニュージーランドの市場が稼働する時間帯を指します。この時間帯の相場特性は、市場参加者が比較的少なく、価格変動が比較的小さいという特徴があります。

参加者が限られているため、スプレッドが広がりやすく、これが初心者が取引を行う際には課題となる可能性があります。従って、この時間帯に取引を検討する際には慎重に注意することが重要です。

アジア時間(東京時間)の相場値動きの特徴 9時~16時

アジア時間帯において、日本、香港、そしてシンガポール市場は活気に満ち、オセアニア時間帯よりも取引が活発です。ただし、ヨーロッパやニューヨーク市場と比較すると、相対的に穏やかな傾向が見られます。

「アジア時間」は、午前9時から午後4時までの期間を指し、この時間帯には日本、中国、香港、シンガポールなどアジア圏での取引が活発に行われます。特に、アジアおよびオセアニア市場に関連する通貨ペアは、動きが活発である傾向があります。

一方で、欧州関連の通貨ペアは比較的に安定していますが、アジア時間の後半になるとヨーロッパ市場が次第に拡大していくため、欧州関連銘柄の値動きも徐々に大きくなります。

ヨーロッパ時間の相場値動きの特徴 16時~翌1時

ヨーロッパ時間は、EU諸国やロンドン市場の開始時刻を指し、この時間帯は参加者と取引量が非常に多く、値動きが大きい特徴があります。特に、開場から1時間は値動きが活発になり、そのため利益を得やすくなります。

デイトレーダーにとって最も生産性が高い時間帯は、ロンドン市場がGMT午前8時に開き、米国市場がGMT午後10時に閉まる期間です。取引のピークは、米国とロンドン市場が重なるGMT午後1時からGMT午後4時の間に観察されます。

15時以降になると、ヨーロッパでは各地の市場が順次開かれていきます。ユーロやポンドに加えて、貴金属やエネルギーの値動きも徐々に拡大します。

ニューヨーク時間の相場値動きの特徴

ニューヨーク時間は、グローバルな金融市場が活発になるタイミングであり、特に20:00〜24:00はヨーロッパ市場と重なり、多くの参加者と活発な値動きが見られる時間帯です。

この時間帯は価格変動が大きいため、トレーダーは利益を狙いやすくなります。ヨーロッパ市場がクローズすると値動きが比較的安定するため、大きな利益を追求する際には、特に20:00〜24:00が適しています。

BigBossで口座開設する方はこちら

BigBossのロゴ
▽口座開設はコチラ▽

目次

Topics
banner
banner
banner
banner
  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール