loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2023/12/13

1. アメリカのインフレとドルの動向

アメリカの11月の消費者物価指数(CPI)は予想通りに3.1%上昇しました。ただし、食品やエネルギーを除く基本的なCPIは市場の予測通り4%で安定しています。これに伴い、米ドルの相場は104.00ドルの下で安定しています。ただし、米連邦準備制度(Fed)の最終政策発表が控えており、市場参加者は大きなポジションを控えています。今後の政策の可能性については、Fed議長Jerome Powellの記者会見が注目されています。

2. アメリカ債と株式市場

アメリカ10年債の利回りは4.2%に下がり、主要なウォール街指数はプラス圏で終了しました。水曜日の朝には、10年債の利回りが4.2%付近で変動し、米ドル指数が104.00付近で横ばい動きを見せています。Fedは政策金利を5.25%から5.5%で維持すると予想されており、来年の政策変更の可能性についてはdot plotが注目されます。

3. オーストラリアとユーロ圏の動向

木曜日のアジア市場では、オーストラリア統計局が11月の雇用データを発表し、メルボルン大学は12月の消費者インフレ期待を公表する予定です。AUD/USDは火曜日に0.6600を超えましたが、水曜日の朝には0.6550付近でやや下落しています。ユーロ/ドルはアメリカのインフレデータに対する反応で1.0820を超えましたが、現在は1.0800近くで横ばいです。

4. 英国の経済状況とポンドの動向

GBP/USDはベアリッシュな圧力の下で1.2550以下で取引されています。水曜日には英国統計局が10月の国内総生産(GDP)が月間で0.3%縮小したことを報告しました。産業生産と製造業生産も同時期にそれぞれ0.8%と1.1%減少しました。

5. 日本銀行と米ドル/円の動向

大手製造業の景気調査 Tankan は、第4四半期に前年から12に上昇しましたが、将来の展望は10から8に低下しています。日本円はアジア取引時間中に堅調で、USD/JPYは146.00に近づいています。

金価格の推移

金価格は週の初めにわずかな変動で終了しましたが、水曜日初めには3週間ぶりの最低水準で1,980ドル以下で取引されています。購買者の関心を引き寄せることには至っていません。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール