loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/1/23

市場サマリー

最近の世界の外国為替市場全体の動向は、主に通貨政策の期待やリスクセンチメントの変化などの要因に影響を受けています。具体的には、先週ドルは全体的に揺れ上昇傾向で、月曜日には103.3466で終了しました。ユーロは主にドル指数に従って揺れ動き、先週は揺れ下降傾向で、月曜日には1.0883で終了しました。ポンドは先週わずかに0.4%下落し、月曜日に1.2713で終了しました。貴金属では、金価格は一時下落後に上昇し、2021.20ドル/オンスで報告されました。大口商品では、先週の石油価格は揺れ上昇し、74.76ドル/バレルで終了しました

米ドル指数

最近のドル指数の動向は主に連邦準備制度の通貨政策の方向性とアメリカの経済基本面に影響を受けています。現在、市場は連邦準備制度の利下げ期待を段階的に調整しており、ドルは最近一部の下落を取り戻し、先週は103の水準まで上昇し、月曜日には103.3466で取引されています。

12月の中米連邦準備制度の金融政策会議は予想外に鷹派に転じ、市場は急速にこの鷹派の発言に反応し、ドルは明らかに後退しました。最近、市場は連邦準備制度の利下げ期待を一部補完し、これがドルを支え、同時にアメリカの発表された主要データは全体的に良好で、ドルを優位に保っています。その中で、経済データの面では、アメリカの12月の基本小売販売は予想を上回る0.42%増加し、前月の0.24および予想値の0.2よりも優れています。小売販売は0.55%増加し、前月と予想を上回りました。労働データの面では、週初の新規失業保険申請件数は18.7万人で、前月の20.3万人と予想値の20.7万人よりも低かった。これにより、アメリカの基本データは経済の抵抗力がまだ残っており、労働市場は依然として活発であり、ドルを支えています。また、先週、連邦準備制度の役員はインフレの抑制が連邦準備制度の注目の焦点であると再確認し、連邦準備制度理事のウォールは利下げのペースが慎重で秩序正しいものになるだろうと述べ、効果的なインフレのコントロールが得られるまで政策の方向転換を急速に行わないだろうと強調しました。さらに、ウォールは2024年には3回の利下げがあるかもしれないと述べ、市場の予想よりも低い6回となりました。これにより、市場の利下げ期待が低下し、連邦準備制度の政策方向が変わらない中で、ドルが反発し、相対的な強さを維持する主な要因となっています。短期的には、連邦準備制度が利下げの信号をさらに出さない限り、他の経済体に比べて経済基本面が強い、インフレ目標を維持するという基本的な条件のもとで、ドルが強い方向を維持する可能性があります。

将来の展望では、連邦準備制度の今後の金融政策会議で利下げの時期に関するより明確な信号が出されるまで、市場の予想はアメリカの経済データと連邦準備制度の公開情報に従って変動すると予想されます。この過程でドル指数には揺れ動く余地があります。今週、アメリカは2023年第4四半期のGDP、12月の基本PCE指数、初期の新規失業保険申請件数などの中核データを発表する予定であり、インフレの傾向と経済状況がさらに確認されるでしょう。中核データの背後にある経済の展望が連邦準備制度の利下げペースを調整するのを支える可能性があり、次回の連邦準備制度の金融政策会議が1月末に開催されるまで、ドル指数の揺れ動きは続くと予想されます。

ユーロ/米ドル

先週、ポンドは主にドル指数に従って揺れ動き、ドルが持続的に強くなる中、ポンド対ドルは揺れ弱い傾向を示し、わずかに0.4%下落して1.26近くになりました。その後、1.265から1.273の範囲で揺れ動き、月曜日には1.2713で終了しました。

英国の経済基本面はまだ弱いですが、インフレの圧力が若干上昇しているため、通貨政策の期待差が他の非ドル通貨に対するポンドのパフォーマンスを支えています。先週火曜日には、英国の11月の失業率データが4.23%となり、前月の4.21%を上回りました。労働市場のパフォーマンスは芳しくなく、同時に11月の製造業、建設業、産業生産の結果は予想を下回り、英国の経済はアメリカに比べてまだ不利な状態にあり、ポンドにはネガティブな影響がありました。ただし、先週水曜日に発表された12月のインフレデータが予想外に上昇し、英国中銀が利下げを延期するとの期待を強化し、ポンドは短期間で強まり、非ドル通貨の中で抵抗性が強まりました。具体的には、英国の12月CPIは前月比で0.4%増加し、コアCPIは前月比で0.59%増加し、前月の-0.2%および-0.36%を上回りました。インフレデータの反発により、先週中にポンドは逆張り上昇しました。

将来の展望では、経済成長が鈍化する圧力に直面しているものの、インフレがまだ沈静化していない可能性があり、これが英国中銀が慎重に利下げを検討する要因となり、市場は英国中銀が利下げを延期するとの予想を強化する可能性があります。もし英国がアメリカよりも遅れて初めて利下げを行う場合、ポンド対ドルが上昇する可能性があります。今週、英国は1月の製造業PMIの初期値を発表し、初めての2024年の通貨政策会議が2月初に開催されます。インフレの傾向と経済状況がさらに確認されるでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール