loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/1/25

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、ドル指数がわずかに0.26%下落し、103.23で終了しました。ユーロはドルに対して0.28%上昇し、1.0883で終了しました。ポンドはドルに対して0.29%上昇し、1.2723で終了しました。国際現物金は0.80%下落し、2012.59ドル/オンスで終了しました。

米ドル指数

年明け以来、市場は米連邦準備制度の利下げ期待の修正により、ドル指数がわずかに反発し、昨日103.23で終了しました。年初からわずかに1.79%上昇しています。全体的に見て、経済データと通貨政策の期待が引き続きドル指数に影響を与え、揺れながら上昇しています。最近の経済データは好調で、利下げの期待が後退しています。1月のMarkit製造業PMIは50.3で、景気の荒波線上に戻りました。12月の小売販売は前月比0.6%増加し、予想を上回る6か月連続の伸びを記録し、前月の最大の増加率を記録しました。前回発表された12月のCPIデータは反発し、12月のCPIは前月比0.3%上昇し、前年比3.4%上昇し、予想を上回る伸びを示し、インフレが依然としてある程度の粘性を持っていることを示しています。これにより、今年3月の利下げへの市場の期待が打撃を受けました。同時に、最近の米連邦準備制度の役員の発言は、利下げが緊急のものではなく、いつでも着実かつ慎重に行われるべきだと述べています。この影響を受けて、市場は利下げのタイミングと年間の利下げ幅をさらに修正しており、現在、市場は3月の利下げの確率が80%を下回り、年間の利下げ幅が約125ベーシスポイントに修正されたと見られています。これがドル指数の継続的な反発を支える主な理由でもあります。将来を展望すると、アメリカの経済が強靭であり、米連邦準備制度の通貨政策転換の時点がまだ不確定である背景において、短期間内には引き続きドル指数が反発する可能性があります。ただし、通貨政策転換のプロセスでは市場の波乱が増大する可能性があり、ドル指数は引き続き100から104のレンジで揺れ動くと予想されています。

ポンド/米ドル

市場が米連邦準備制度の利下げ期待を下げる中、ドルが反発し、非ドル通貨が一般的に押されています。しかし、年初からポンドはドルの強さに直面しておらず、比較的独立したトレンドを示しており、G10通貨の中で強いパフォーマンスを維持しています。昨日、ポンド兌ドルは1.2723で終了し、年初のオープン価格とほぼ同じ水準でした。全体的に見て、英国の経済データは比較的良好であり、市場は英国中央銀行が今年の利下げ幅を抑制するとの期待を下げています。1月の英国製造業PMIは初値で47.3、サービス業PMIは53.8となり、7か月ぶりの最高水準に達しました。データは、英国経済の成長が依然として強力であることを示しています。同時に、英国のインフレ圧力は依然として高く、12月のCPIは前年比4%増加し、コアCPIは前年比5.1%増加しました。良好な経済成長とますます増大する価格圧力は、英国中央銀行が緩和的な通貨政策を採用する条件とは合致していません。この影響を受けて、市場は英国中央銀行が6月に利下げを開始し、年間の利下げ幅を150ベーシスポイントから95ベーシスポイントに減少させると予想しています。短期間では、来週の英国中央銀行の金融政策会合に焦点を当てる必要があり、中央銀行が鷹派のシグナルを発信すれば、ポンドを引き続き支えると予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール