loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/1/31

市場サマリー

昨日、米ドル指数はわずかに0.07%下落し、103.40で取引を終えました。主要な非米通貨は上下に動きました。ユーロ/米ドルは0.11%上昇し、1.0845で取引されました。ポンド/米ドルは0.09%下落し、1.2700で取引されました。米ドル/スイスフランは0.06%上昇し、0.8618で取引されました。国際現物金は0.17%上昇し、1オンスあたり2036.50ドルで取引されました。

米ドル指数

今週、米ドル指数は低い波動トレンドを続け、過去2日間はほぼ横ばいでした。日々の変動幅は50ポイントを超えず、現在は103.50の水準で取引されています。年明け以来、米国内の多くの経済データが市場予想を上回り、米国経済がソフトランディングする可能性がさらに高まりました。さらに、複数のFRB(米連邦準備制度理事会)メンバーが市場の過剰な利下げ予想に対抗するためにハト派的な発言をしたことで、利下げ予想が弱まりました。現在、市場では3月にFRBが利下げを開始する可能性が、年初の80%からほぼ45%に大幅に低下しました。

現在の市場は、木曜日の午前中に発表される予定のFRBの1月の会合決定と、金曜日の夜に発表される1月の非農業雇用統計データを待ち、さらなる取引の方向性を得ることを静かに待っています。FRBの政策声明やパウエル議長の記者会見で、早すぎる利下げに対する慎重な姿勢が示されれば、市場は3月の利下げへの賭けをさらに削減し、米ドルはさらに強くなる可能性があります。一方、インフレの減少プロセスに対するFRBのより楽観的な見方や、利下げプロセスに対するよりハト派的な期待が示されれば、米ドルの下落のドアが開く可能性があります。

ユーロ/米ドル

今週、ユーロ/米ドルは振れ幅を持って下落し、月曜日には約7週間ぶりの安値1.0797に一時触れました。現在は10日移動平均線の下で推移し、1.0820で取引されています。最近の経済データからは、ユーロ圏経済には依然として下方圧力がかかっていることがわかります。ユーロ圏の1月の製造業PMIはわずかに回復しましたが、サービス業PMIは引き続き低下し、全体的には縮小地域にあります。ユーロ圏の第4四半期のGDPは前四半期とほぼ横ばいであり、技術的な景気後退を回避しましたが、経済後退リスクは依然として存在します。エネルギーや商品のインフレの急激な低下に伴い、ユーロ圏のインフレ圧力が持続的に緩和されており、非インフレ時代は終わりに近づいています。これに加えて、先週のECB(欧州中央銀行)の政策会合での鳩派的な傾向から、市場はECBの利下げへの期待を高め、ユーロの下落を促しました。将来の見通しでは、ユーロ/米ドルの動向は主に欧米中央銀行の利下げのペースに左右されるでしょう。今週は、米国の非農業雇用とユーロ圏のインフレデータ、そしてFRBの会合での発言を重視し、さらなる方向性を確認することができます。ユーロ/米ドルのサポートレベルは主に1.08の水準にあり、レジスタンスレベルは主に10日移動平均線の1.0860の水準にあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール