loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/1

市場サマリー

最近、世界の外国為替市場の総合的な動向は、通貨政策の期待やリスク感情の変化などの要因に主に影響されています。具体的には、今週のドルは全体的に揺れ動き、昨日の終値は103.5235ドルでした。ユーロやその他の欧州通貨は主に米ドル指数の動きに従い、特にユーロは最近揺れ下降の傾向にあり、昨日の終値は1.0818でした。ポンドは他の非米通貨よりもやや優れたパフォーマンスを見せ、昨日の終値は1.2685でした。貴金属に関しては、金価格はわずかに上昇し、オンス当たり2038.60ドルで、一方、原油価格は先週揺れ動き、1バレルあたり75.85ドルでした。

米ドル指数

最近のドル指数の動向は、米連邦準備制度理事会(FRB)の通貨政策とアメリカ経済の基本的な状況に影響を受けています。1月以降、市場はFRBが利下げする可能性について段階的に見直しを行い、ドルは一部の下落を取り戻し、昨日の終値は103.5235でした。注目すべきは、今日(北京時間)の早朝に開催されたFRBの政策金利会議が市場に明確な影響を与えることであり、将来のドルの動向は主に経済見通しによって左右されるでしょう。

今日の早朝にFRBは利上げの決定を発表し、通貨政策の記者会見を開催し、金利を5.25%から5.5%の範囲で維持すると発表しました。これは市場の予想に沿うものであり、同時にパウエル(FRB議長)は記者会見で、3月の利下げの可能性は低いと指摘し、早すぎる利下げへの市場の予想をさらに後退させる傾向を示しました。また、FRBが公表したFOMC声明では、一部の経済成長に関する記述が修正され、アメリカ経済が非常に強いと肯定し、特に先週発表された2024年第4四半期のGDP、個人消費支出、1人当たりの可処分所得が予想を上回ったことを強調しました。また、前年比でのコアPCE物価指数が2.93%上昇し、前回値および予想を下回ったことから、インフレ水準がやや低下し、アメリカ経済が高金利環境下でも安定した成績を示していることが示されました。これにより、FRBは利下げのペースを慎重に保ち続ける可能性があります。さらに、パウエルはアメリカ経済の将来的な成長には一定の不確実性があると述べ、雇用とインフレデータに重点を置く必要があるとしました。雇用市場がバランスを取り戻し、インフレデータが2%目標ラインで安定する限り、利下げプロセスが正式に開始される可能性があります。

今後の展望では、FRBの今後の政策金利会議で利下げのタイミングに関する明確なシグナルが出るまで、市場の予想はアメリカ経済データやFRBの公式情報に応じて変動するでしょう。この過程で、ドル指数はまだ揺れ動く可能性があります。今週、アメリカでは1月の製造業PMI、失業率、非農業雇用者数などの主要なデータが公表され、インフレの傾向や経済状況がさらに確認され、経済見通しの後ろ盾となる可能性があります。

ポンド/ドル

最近のポンドは主にドルに従って動き、ドルが揺れ動く中でポンドは若干の弱気傾向を示し、今年に入ってわずかに0.4%下落して1.26近辺で取引され、昨日の終値は1.2685でした。

英国経済の基本的な状況はやや改善しており、同時にインフレ圧力もやや上昇しており、ポンドを他の非ドル通貨に対して比較的強いパフォーマンスを維持しています。先週水曜日に発表された1月の製造業PMIの初値は47.3で、前値46.2を上回っており、最近の英国経済の回復を示しています。同時に、前の月に発表された12月のインフレデータは予想外に上昇し、英国中央銀行が利下げを延期するという市場の期待を強化し、ポンドが他の非ドル通貨に対して相対的に強い抵抗力を示しています。

今後の展望では、経済成長には依然として不確実性が残っていますが、インフレがまだ後退しておらず、英国中央銀行が利下げを慎重に検討する可能性があるため、英国ポンドは高金利水準を維持するという市場の期待が強化されるでしょう。短期的には、市場はFRBの今日の早朝の政策金利会議の情報を徐々に消化し、これによりポンドに対する影響があり、短期的な下落が起こる可能性があります。中長期的には、英国経済が持続的な回復を続け、アメリカよりも利下げのタイミングが遅れる場合、英国ポンドは他の非ドル通貨に対して引き続き優れたパフォーマンスを続けるでしょう。2月初旬には英国が2024年の最初の通貨政策会議を開催し、インフレの傾向や経済状況がさらに確認され、経済見通しの後ろ盾となる可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール