お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/19

市場サマリー

先週、ドルは上昇後に下落し、週全体でわずかに0.2%上昇し、104.296で推移しました。主要な非ドル通貨はドルの動きに追随し、ユーロは1.0774で推移し、週内にわずかに0.05%下落しました。ポンドは1.2598で推移し、0.18%下落しました。豪ドルは0.6531で推移し、0.31%上昇しました。ドル円は150.21で推移し、0.65%上昇しました。国際現物金価格は下落し、1オンスあたり2013.10ドルで、0.54%下落しました。

米ドル指数

先週、インフレデータと米連邦準備制度理事会(FRB)の発言の影響を受けて、ドル指数は上昇後に下落し、データが発表されると一時的に104.976の高値を記録し、最終的に104.296で終了しました。

基本的に、米国の経済状況とFRBの金融政策の見通し変化がドル指数の動向を依然として主導しています。先週火曜日には、1月の消費者物価指数(CPI)データが発表され、前年同月比で3.1%の増加となり、市場予想の2.9%を上回りました。前月比では0.3%の増加で、市場予想および前月の0.2%を上回りました。食品やエネルギー価格を除いたコアCPIの前月比増加率は、過去23年4月以来の最高水準を記録し、当月以来初めて増加率が上昇しました。予想を上回るインフレデータの影響を受けて、利下げの期待が続温化し、市場ではFRBの初の利下げが6月に延期されるとの価格付けがなされました。週後半には、複数のFRB関係者が発言し、単月のCPIの影響を薄めるとともに、先週前半に市場が過度に利下げの雰囲気を抑えた部分をある程度相殺し、ドル指数は週後半に一部下落しました。

今後の見通しでは、年初に発表されたインフレと雇用データがFRBが直ちに利下げを開始する緊急性がないことを示唆しており、短期間内にFRBが大幅に利下げする可能性への賭けが引き続き減少する可能性があります。したがって、ドル指数は一時的に相対的な強さを維持する可能性があります。今後は、米国の経済データのパフォーマンスとFRBからの利下げのシグナルにさらに注意が必要です。

ユーロ/ドル

年初から、ドル指数の回復の影響でユーロの為替レートは圧力を受けています。先週は、米国の予想を上回るインフレ期待がユーロドルを抑制し、年初の1.0693の新規安値を更新した後、週後半に一部回復し、全体として1.0774で終了しました。

基本的には、市場は米欧の金融政策の見通しの差異がユーロの為替レートに影響を与え続けています。最近の経済データからは、ユーロ圏の経済がわずかに改善していることがわかりますが、全体として依然として弱い状態です。1月の経済指数や消費者信頼指数は前月からわずかに低下し、高金利が経済成長を抑制している影響が続いています。一方、米国の経済状況は引き続き強靭であり、労働市場は堅調です。先週の米国のインフレが予想を上回ったことに加えて、FRBが高金利を維持する見通しを与えました。将来的には、ユーロ圏の経済の弱いパフォーマンスが短期間内に改善される見込みは低く、利下げの期待が高いため、ユーロはしばらくの間弱含みを続ける可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール