お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/29

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、米ドル指数が0.12%上昇し、103.9365でした。ユーロ/米ドルは0.06%下落し、1.0838、ポンド/米ドルは0.19%下落し、1.2662、ドル/スイスフランは0.02%下落し、0.8788でした。国際現物金は0.2%上昇し、2034.085ドル/オンスで取引を終えました。

米ドル指数

最近、利上げ期待の調整を経て、ドルの上昇勢は一時停止し、昨日の終値は103.9365でした。投資家が通貨政策の緩和期待を下げた後、米国の金利がより長い期間高水準に保たれる可能性が高まり、これがドルの最近の反発につながりました。しかし、先週に三か月ぶりの高値をつけた後、ドルは基本的にレンジ相場にあります。基本面から見ると、昨年7月から米ドル指数が99.55から107に上昇したのは、主要な非米国経済の基本的な違いによるものでした。今年もこのような違いは存在していますが、米国の相対的な優位性は弱まっています。非米国の経済改善や国内の資本市場の改善がリスクセンチメントを支え、ドルの上昇を制限しています。先週水曜日に公表された会議議事録によると、1月30日から31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会議で、多くの政策決定者が利下げのリスクを懸念し、貸出コストが現在の水準でどれくらい維持されるかについて幅広い不確実性があると述べました。市場は現在、米連邦準備制度理事会(FRB)が5月に利下げを開始する可能性が16%にすぎず、1か月前の80%を超える可能性よりもはるかに低いと見ています。市場は現在、FRBが政策金利を年末までに現在の5.25%〜5.5%の範囲から75ベーシスポイント下げて4.5%〜4.75%の範囲に引き下げると予想しています。これはFRBの点線グラフと一致するものです。将来の展望では、FRBが具体的にいつ利下げを開始するかについては不確実性が依然として存在し、短期的には通貨政策のサポートの下でドル指数が下落する幅は限られています。利下げへの期待に対する鍵となる指標の影響を引き続き注視する必要があります。

ポンド

ポンドは最近、ドルの動向に従っており、ドルの下落転換がポンドに一定の支援を提供しています。ポンド/米ドルは1.2650を上回り、昨日は1.2662で取引を終えました。投資家がポンドを買い持ち、ポンドはドルの上昇に追いついています。2月の英国サービス業購買担当者指数(PMI)の初値は1月の52.9から53.3に上昇し、9か月ぶりの高水準となりました。ポンド/米ドルは年初来わずか0.6%下落し、2週間前の1.5%の年初来下落から反発しています。今週、英国中央銀行副総裁が演説し、英国中央銀行は英国の雇用市場が好調であり、インフレは依然として高水準で維持されていると述べ、これがポンドの強さを支える重要な要因となっています。中長期的には、ロイターの調査によれば、英国中央銀行は第3四半期に利下げを開始すると予想しており、半数以上のエコノミストが最初の利下げは8月に行われると予想しています。予測の中央値によると、指標金利は第3四半期まで5.25%のままであり、年末までに4.75%に、さらに年末までに4.50%に引き下げられると予想されています。今年の選挙と利下げへの期待が重なり、中期的にはポンドにとって利空要因となるでしょう。

グラフから見ると、ポンド/米ドルは依然として昨年12月から形成された1.25-28のレンジ内で狭いレンジで波動しており、上方の抵抗は前高の1.2785にあり、下方のサポートは200日移動平均線の付近にある1.2568です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール