お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/11

市場サマリー

先週、ドル指数は連続して下落し、週間で102.71で終え、1.1%の下落となりました。主要な非米通貨は全般的に上昇し、ユーロ/ドルは1.0939で終値をつけ、0.89%の上昇となりました。ポンド/ドルは1.2858で終値をつけ、1.64%上昇しました。ドル/スイスフランは0.8771で終値をつけ、週全体で0.76%下落しました。国際現物金は週全体で4.64%上昇し、1オンスあたり2178.95ドルで終値をつけました。

米ドル指数

最近の米国の経済データは全体的に弱い傾向にあり、パウエル議会証言が鷹派ではないとの感じから、市場の利上げ期待が高まり、ドル指数と米国債利回りが下落しました。先週、ドル指数は持続的に下落し、102.71で週を終え、1.1%下落し、年初来最大の週間下落率を記録しました。

経済データ面では、最近のデータはドル指数を支えるには十分ではありませんでした。まず、2月のISM非製造業PMIは52.6となり、予想や前回値を下回りました。次に、市場が注目している非農業雇用データは弱い傾向を示しました。2月の非農業雇用者数は27.5万人増加し、予想を上回りましたが、前の2か月間で非農業雇用者数は合計で16.7万人下方修正されました。さらに、2月の失業率は3.9%に上昇し、予想(3.7%)や前回値(3.7%)を上回り、2年ぶりの新高を記録しました。賃金の成長率も良いパフォーマンスを示さず、前回値も修正されました。非農業雇用データは企業の視点での統計であり、家庭の視点ではありません。そのため、データの下方修正は、兼業の増加による可能性があります。また、新規の非農業雇用者数の持続的な増加は、企業の採用需要が依然として強いことを反映しており、労働市場は依然として均衡の方向に向かっているため、失業率の上昇は過度に解釈する必要がないと考えられます。非農業雇用データの発表後、市場の利上げ期待の調整も明確ではありませんでした。現時点では、6月の利上げの確率が70%を超えており、年間で少なくとも75bpの利下げが予想されています。全体的に見ると、雇用状況が良好で、インフレが依然として高い状況では、米連邦準備制度理事会は様子見を続けるでしょう。5月までの利下げの可能性は低く、短期的にはドル指数が技術的に200日移動平均を下回ったとしても、後続の米国の経済とインフレが予想よりも明らかに弱まらない限り、米連邦準備制度理事会の政策姿勢が予定通り変化しない限り、ドル指数には反発の余地があります。

ユーロ/米ドル

先週、ドル指数の下落の背景にあって、ユーロ/ドルは1.09以上まで連続して上昇し、週間で0.89%上昇しました。

先週の欧州中央銀行の通貨政策会議では、3つの主要金利を据え置くという予想通りの結果となりました。会議ではインフレ率や経済成長率の見通しを引き下げましたが、利下げに関する議論はありませんでした。ラガルド総裁は記者会見で、将来の利下げのタイミングはデータ次第と強調し、措辞の変更はそれほど大きくありませんでした。市場は依然として、欧州中央銀行が最も早く6月に利下げを開始すると予想しています。経済の基本面を見ると、今月初めに公表された2月のCPIの初値は、インフレが目標の2%に向かって下がりつつあることを示していますが、その下落幅は予想を下回っています。GDPデータから見ると、ユーロ圏の経済は現在、安定の兆候が見られますが、依然として米国経済に比べて弱いです。PMIデータから見ると、ユーロ圏経済にはさらなる下落リスクがあるようです。米国と比較して、経済の基本的な状況はユーロ圏が先んじて利下げを開始することを支持しています。今後の見通しを見ると、欧米の中央銀行が公式に政策を転換するまで、ユーロは欧米の経済動向や利下げ期待の変化の影響を受け、レンジ相場の傾向を維持するでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール