お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/18

市場サマリー

前の取引日における外国為替市場では、米ドル指数は0.07%上昇し、103.442ドルで取引されました。ユーロ/ドルは0.05%上昇し、1.0089ドル、ポンド/ドルは0.13%下落し、1.2735ドルでした。ドル/スイスフランは0.01%下落し、0.88346ドルで取引されました。国際現物金は0.28%下落し、オンスあたり2156.04ドルでした。

米ドル指数

先週、米ドル指数は強い上昇を見せ、木曜日に0.54%上昇し、ほぼ1か月ぶりの最大日間上昇幅を記録した後、金曜日にもわずかに0.07%上昇し、最終的に103.442で終了し、週全体で0.69%上昇しました。

先週火曜日に発表されたCPIは前年比3.2%上昇し、市場予想と一致し、1月の3.1%を維持しました。先週木曜日に発表された2月のPPIは前年比1.6%増加し、予想値の1.2%を上回り、前値が0.9%から1.2%に修正されました。過去1年間、米国のインフレは全体的に低下していますが、最新のデータでは、この進展が停滞しているか逆転する可能性があり、前回の雇用データが予想を上回ったことも考慮すると、市場は再び急速な利下げを期待しないと見ています。現時点では、多くの機関が米国の金利が6月までまたはそれ以降も維持されると予想しており、一部の機関は米連邦準備制度理事会が利下げを11月まで延期すると推定しています。米連邦準備制度理事会は3月19日と20日に今年2回目の会議を開催し、金利の決定と経済展望を議論し、金利ドットプロットを公表する予定です。個人的には、米連邦準備制度理事会が現行政策を大幅に変更する可能性は限られており、米ドル指数は短期間で著しく弱まることはないと考えています。

ユーロ/ドル

米ドルの強い上昇の影響を受けて、ユーロ/ドルは先週全体的に揺れ動きました。木曜日に0.59%下落した後、金曜日には0.05%のわずかな反発があり、最終的に1.0889で終了しました。

現在の市場の一般的な合意は、今年の米ドルとユーロの両方が利下げに入るというものです。この状況下では、利下げのタイミングと幅がユーロ/ドルの動向に影響を与えるでしょう。ユーロ圏の経済成長が予想よりも低い一方で、米国経済は比較的強いため、欧州中央銀行は経済を挽回するために利下げる動機がより大きいです。同時に、ユーロ圏のインフレ率が明らかに低下している一方で、米国は一時的な反発に直面しています。これは、欧州中央銀行が物価水準の反発を恐れないことを意味し、つまり、米連邦準備制度理事会よりも利下げを推進する自信があることを示しています。市場は一般的に、欧州中央銀行の今年の利下げが米国よりも早く、かつ幅広いと予測しています。欧州中央銀行の委員は先週、欧州中央銀行が夏休み前に2回、年末までにさらに2回利下げる必要があると述べ、米連邦準備制度理事会の影響を受けないと述べました。この発言は、市場がユーロの利下げを予測する一致した見通しを再び強化し、ユーロ/ドルの下落が短期間で反転するのは困難である可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール