お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
Daily Report_24_4

【FX デイリーレポート】2024/4/1

市場サマリー

前の取引日において、ドル指数は0.06%下落し、104.49で終了しました。ユーロ/ドルは0.03%上昇し、1.0789で終了し、ポンド/ドルはわずか0.01%上昇し、1.2624で終了しました。

米ドル指数

3月全体を通じて、ドル指数は最初に下落した後に上昇し、最終的にわずかな上昇を記録しました。月末には、市場は米連邦準備制度理事会が利上げを急がないという期待と強力な経済データの支持を受けて、ドル指数が強いパフォーマンスを維持し、月末には104.73まで上昇しました。

基本面では、米連邦準備制度理事会の利上げ期待の変化が最近のドル指数の動向に主な要因であり続けています。具体的には、2月の米国のインフレデータがインフレ圧力がやや上昇していることを示し、経済データは世界全体で相対的に優れたパフォーマンスを維持しており、3月の米国製造業PMIの初値は52.5で、前値の52.2よりもさらに改善し、市場予想の51.7よりも大幅に良好でした。先週発表された米国第四四半期のGDP季節調整後年率は3.4%で、市場予想や前値の3.2%よりも良好であり、目覚ましいデータは米国経済の基本的な強さをさらに示しています。通貨政策では、米連邦準備制度理事会は3月の会合で静観を続けた後、パウエルを含む複数の理事が利下げを急がないという立場を表明しました。したがって、市場は米連邦準備制度理事会の利下げ期待が徐々に縮小しており、外国為替市場でのドル指数の強いパフォーマンスを支持しています。今後は、最近の原油価格の上昇を考慮すると、3月の米国のインフレデータは一定の粘性を示し続ける可能性があり、今月の米国経済データがさらに強い成長の兆候を示す場合、市場は米連邦準備制度理事会が利下げを開始するタイミングをさらに遅らせる可能性があり、ドルを支援するでしょう。

ユーロ/ドル

強力なドルの背景に押されて、年初からユーロの為替レートは持続的な圧力を受けています。先週、ユーロ/ドルは下降トレンドを継続し、現在、1.08の整数関門を下回っています。

基本面から見ると、欧米の通貨政策の期待の差異が依然としてユーロの為替レートのパフォーマンスに影響を与えています。最近の経済データから見ると、ユーロ圏の経済成長は依然として弱々しく、先週発表された3月のユーロ圏消費者信頼指数は-14.9、産業景況指数は-8.8となり、わずかに上昇しましたが明確な改善は見られませんでした。ユーロ圏の3月PMIデータも弱いパフォーマンスを継続し、サービス業のPMI初値は51.1で拡大区間に入りましたが、総合PMI初値は49.9であり、製造業PMI初値は依然として50の水準を下回っています。最大の経済体であるドイツの製造業も引き続き縮小しており、ユーロ圏経済の低迷が続いています。通貨政策では、ユーロ圏のインフレ率が徐々に下落し、経済の基本的な弱さが重なっているため、欧州中央銀行の多くの役員が早期の利下げを表明しました。これは米連邦準備制度理事会の利下げ期待とは対照的であり、欧州中央銀行が利下げを先駆けて行うことへの市場の期待が高まっています。今後は、欧米経済の相対的な強さや欧米中央銀行の政策立場の影響を受けて、ユーロの為替レートはさらなる下落圧力に直面することになります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール