お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
Daily Report_24_4

【FX デイリーレポート】2024/4/2

市場サマリー

月曜日、ドル指数は104.96で取引を終え、0.43%上昇しました。非米通貨は一般的に下落し、ユーロ/ドルは1.0743で取引を終え、0.44%下落しました。ポンド/ドルは1.2551で取引を終え、0.59%下落しました。豪ドル/ドルは0.6489で取引を終え、0.39%下落しました。ドル/スイスフランは0.9043で取引を終え、0.27%上昇しました。国際現物金は1オンスあたり2251.37ドルで取引を終え、0.78%上昇しました。

米ドル指数

先週、ドル指数は一時下落した後、ほぼ横ばいで取引され、昨日はわずかに0.43%上昇し、105の水準を下回りました。第1四半期全体で、市場は米連邦準備制度理事会(FRB)が今年利上げを見送る可能性についての期待を再評価し、ドル指数を押し上げました。そして、利上げ期待が後退するにつれて、FRBは雇用やインフレなど具体的な指標に頼るようになりました。

まず、米国の経済データは賛否両論です。昨日公表された3月の製造業PMIは50.30で、前月の47.8を上回りました。3月のISM製造業PMIでは、雇用、物価、新規注文の指数がそれぞれ47.4、55.8、51.4と、前月よりも良い結果となりました。雇用データからは、2月に米国の失業率が上昇し、賃金の上昇率や求人数が減少していることが示されています。これらは米国の労働市場が緩やかになりつつあることを示しています。しかし、インフレデータを見ると、エネルギー価格や一部のサービス価格の上昇の影響で、米国のインフレデータが2か月連続で予想を上回っています。2月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で3.2%増加し、予想の3.1%を上回りました。前月比では0.4%増加し、予想の0.3%を上回りました。このようなデータの組み合わせの下、FRBのインフレへの懸念は変わっていません。

次に、市場が米国の景気が緩やかになるという期待が高まる中、FRBの3月の金利決定のドットプロットや先週金曜日のパウエル議長の発言から、FRBは総じて利下げに対して比較的慎重な態度を示しています。現時点で、5月の利下げの確率を示す米連邦基金先物は約10%に低下しています。FRBは4月に金利決定会合を開催しませんが、投資家は欧州中央銀行や日本銀行などの主要な非米中央銀行の会合に注目することが勧められています。技術的なチャートを組み合わせると、ドル指数は現在、ボリンジャーバンドの上部で動いており、短期的には上昇する可能性があります。

ユーロ/ドル

ユーロ/ドルは月曜日に1.0788で取引を開始し、1.0743で取引を終え、0.44%下落しました。将来の展望では、ユーロ/ドルの動向は欧州と米国の経済の相対的なパフォーマンス、欧州中央銀行や米連邦準備制度理事会の利上げ期待の変化、および市場全体のリスク選好など、複数の要因に影響されます。

まず、3月の欧州中央銀行(ECB)の金利決定会合では、ECBは金利を予想通りに据え置き、3月20日にECB総裁のラガルドが6月に利下げする可能性が非常に高いと示唆しました。この背景には、OIS市場が6月に25ベーシスポイントの利下げをすでに完全に織り込んでいることがあります。次に、3月のユーロ圏の経済データは改善していますが、依然として米国に比べて弱いです。具体的には、ユーロ圏の3月のサービス業PMI初値は51.1となり、市場予想の50.5および前月の50.2を上回りました。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール