お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
EURUSD分析のアイキャッチ画像

【EURUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/16

市場動向と要因分析

米国市場が始まる早い時間に、EUR/USDは1.0694からの持続する相場の中でわずかに下落しました。現時点では、日中のバイアスは中立的であり、1.0804の抵抗が維持されている限り、見通しはベアライッシュのままです。1.0694を下回ると、1.1138からの下落が再開され、1.0447のサポートを再テストすることになります。ただし、4時間MACDの上昇収束条件を考慮すると、1.0804を上回ると、バイアスは上向きに転換し、より強い反発が期待できます。

テクニカル分析とサポート

大局的な観点では、1.1274からの価格動向は、0.9534(2022年の安値)からの上昇の修正パターンと見なされています。1.0447からの上昇が2番目のレッグと見なされています。さらなる上昇は考えられますが、上限は1.1274に制限されるべきです。これにより、パターンの第3レッグがもたらされます。一方、1.0722のサポートの持続的な突破は、既に第3レッグが1.0447を下回る可能性があることを示唆します。

トレード戦略

EUR/USDは1.0693からの持続する相場の中での短期的なバイアスは中立的です。1.0804の抵抗が続く限り、見通しはベアライッシュのままです。1.0694を下回れば、1.1138からの下落が再開され、1.0447のサポートを再テストするでしょう。ただし、4時間MACDの上昇収束条件を考慮すると、1.0804を上回ると、バイアスは上向きに転換し、より強い反発が期待できます。

まとめ

EUR/USDは、米国市場の始まる早い時間にわずかに下落しましたが、日中のバイアスは中立的であり、大局的にはベアライッシュな見通しです。ただし、技術的な側面やサポートレベルを考慮すると、より強い反発が期待される可能性もあります。大局的な視点から見ると、価格の動きは修正パターンの一部と見なされ、第3のレッグが形成されることが予想されますが、サポートレベルの持続的な突破はこの見通しを変える可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール