loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/01

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/01


11月30日(木曜日)に、米ドルはアメリカのインフレが緩やかになっている兆候を示すデータの影響からかろうじて回復し、当日のドル/円は0.6%上昇し、148.19で終了しました。米国が発表した9月の個人消費支出(PCE)物価指数は前月比で0.4%上昇し、10月は横ばいでした。10月のPCE物価指数は前年同月比で3.0%増加し、2021年3月以来の最小増加率となりました。前月の9月の増加率は3.4%でした。インフレ状況は緩和の兆候が続いていますが、その緩和の幅はまだ大きくありません。したがって、ドルはこれによって弱くなることはありませんでした。反対に、月末にポジションを清算するトレーダーによる空売りの補完的な取引に支えられ、ドルは少し反発する機会を得ました。日足チャートによると、ドル/円は10、20、100日の単純移動平均線を下回り、さまざまなテクニカルインディケーターはまだ下降基調にあり、転換の兆候は見られません。また、機関の観察によると、1年先のフォワードスワップポイントは引き続き縮小しており、11月30日には781ポイントに達しました。前回の金利差が類似の水準にあったとき、ドル/円は137-139で取引されました。今後、この通貨ペアが149.00以下で圧迫され続ける限り、ドル/円の最近の下落トレンドは続くと予想されます。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/01

木曜日(11月30日)、豪ドル/米ドルは相当な揺れがあり、当日の最安値は0.6569まで下落しましたが、終盤には上昇し、最終的には0.6605水準で終了しました。オーストラリア国内では、木曜日のデータは賛否両論で、鉱業の回復がオーストラリアの第三四半期の事業投資を8年ぶりの新高に押し上げ、建設許可は10月に反発し、信用供給の成長率はやや鈍化しました。一方で、先月発表された10月のインフレは予想を下回り、市場では来週のオーストラリア中銀の追加利上げの可能性は低いと見なされ、来年の利上げ期待もやや下がっています。これらの市場要因の影響を受けて、豪ドルの最近の上昇トレンドはやや鈍化しています。注目すべき重要なイベントは、パウエルの発言であり、パウエルが市場の期待に沿って再び利上げを行わない見通しである場合、本当にそのような場合、ドルは再び反発する可能性があり、豪ドル/米ドルは短期の調整トレンドに入る可能性があります。日足チャートを見ると、豪ドル/米ドルは全体的に上昇トレンドを維持していますが、ヘビーなトップが見受けられ、短期的には調整リスクがあるようです。ただし、為替レートが0.6500水準を維持する限り、豪ドル/米ドルは引き続き上昇する可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール