loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/22

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/22

12月21日(木曜日)に、ドルは一かごの通貨に対して一週間の最低水準に触れ、ドルの下落を受けて、円は当日0.93%上昇し、142.10でクローズしました。木曜日の早い時点のデータによれば、アメリカの第3四半期国内総生産(GDP)は、前値5.2%から4.9%に下方修正されました。第3四半期のGDPのうち、消費者支出は3.1%の増加に修正され、前値は3.6%の増加でした。これらのデータは影響が限定的でしたが、来年の利下げの期待を市場で引き起こしました。なぜなら、先週、連邦準備制度は利率を据え置き、政策決定者は新しい経済予測で、過去2年間の歴史的な通貨政策の緊縮行動は終了し、2024年には利下げされるだろうと示唆しました。したがって、特にインフレを反映する経済データが低調な兆候を続ければ、利下げの期待が高まるでしょう。投資家たちは現在、金曜日のアメリカの中核個人消費支出(PCE)物価指数を待っています。もし11月のPCE物価指数が0.1%上昇すれば、6ヶ月の年率インフレ率は2.1%に低下し、ほぼ連邦準備制度の目標である2%に達します。一部の投資家は、インフレの減速が連邦準備制度に政策の緩和を促すだろうと予想し、連邦準備制度が早期に行動を起こすことを期待しています。ドル利上げの期待が下がることは、円にとっては良い材料であり、円高の主要な要因となるでしょう。また、日本政府は木曜日に、今年度の経済成長予測をわずかに上方修正しました。これは来年にはマイナス金利政策が終了する可能性があることに寄与するかもしれません。日米のデイリーチャートでは、ドル/円は一昨日の大きな陰線で、以前のドル空売りの回復をほぼ打ち消しました。全体的なトレンドは引き続き下降チャネル内で維持されています。もし金曜日のPCE物価指数が下落すれば、ドル/円は低水準を継続するでしょう。ただし、強力なデータによる反発リスクには注意が必要です。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/22

豪ドル/米ドルは0.6803の高水準に触れた後、最終的に0.6800で高く終了し、終日で1.04%上昇しました。木曜日に発表されたデータによれば、第3四半期の米国の経済成長は予想よりも強力ではなく、労働市場は厳しい状態であることが示されています。これにより投資家は安心し、先週示唆された米連邦準備制度(米連銀)の方針が急速に変わることはないと考えられています。これを受けて、木曜日には米国株が上昇し、前日の大部分の失地を取り戻しました。経済データは米連銀が金融政策を緩和する可能性があるとの楽観的な雰囲気を高め、投資家のリスク選好が改善しました。リスク選好の改善は、豪ドルがそれを受けて上昇する原因となりました。日足チャートによれば、豪ドル/米ドルはキーレベルである0.6819よりわずかに低く、すなわち2023年の高値/安値の61.8%のフィボナッチリトレースメントです。0.6820を突破すれば、目標はトリプルトップの0.6895/0.6900に向かいます。現在、5日、10日、21日の移動平均線は上昇傾向にあり、さまざまなテクニカル指標も強い上昇傾向を示しており、豪ドルの買い圧力が強いことを示しています。現在のサポートレベルは木曜日の0.6720と10日移動平均線の0.6697です。金曜日の夜には米国のコアパーソナルコンシューマーエクスペンディチャー(PCE)価格指数が発表され、市場への影響が予想されるため、注意が必要です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール