loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/23

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/1/23

月曜日(1月22日)、ドルは一かごの通貨に対してほとんど変動せず、円はドルに対して先週金曜日に触れた1か月ぶりの安値148.80から147.61に上昇し、ニューヨーク市場終盤には0.1%下落して148.06でクローズしました。日本銀行は2日間の政策会議を開始し、これまでの日本銀行の役員の鳩派の発言を考慮して、市場は今回の会議での日本銀行のマイナス金利からの撤退への賭けを減らしています。市場では、日本銀行の総裁である植田和男氏が、決定発表後の記者会見で4月にマイナス金利からの撤退に反対する可能性があり、また、銀行は通年のインフレ予測を下方修正する可能性があるとの憶測が広がっています。これは円を対ドルでさらに軟化させる可能性があります。日足チャートでは、ドル/円は先週147.47で成功裏にクローズし、技術的な支持レベルで安定しています。147.47は(11-12月)の151.92-140.27の下落の61.8%のリトレースメントです。チャート上では、この通貨ペアは上昇フラッグパターンの整理フェーズに入っているようであり、さらなる上昇が見込まれ、149.17のフィボナッチレベルを再テストする可能性が高まっています。149.17は151.92-140.27の下落の76.4%のリトレースメントです。更なる目標は150.00の整数心理的節目です。日中では、日本銀行の利率会議結果に注意が必要であり、日本銀行が意外に鷹派の方針を採るリスクに慎重に備える必要があります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/1/23

月曜日(1月22日)、オーストラリアドルはニューヨーク市場の終値で0.4%下落し、0.6570で取引を終了しました。アメリカの3月の利上げ期待が後退し、引き続き豪ドルに圧力をかけています。現在、豪ドルは依然として世界の金利の見通しの変化の影響を受けており、今週の出来事は世界的な利下げのタイミングをより明確にする可能性があります。これらの出来事には、日本の中央銀行や欧州中央銀行の政策会議、およびアメリカの個人消費支出(PCE)物価指数が含まれます。特にアメリカからのデータは、強力な成長のパターンを維持する場合、ドル利下げの期待がさらに低下し、それにより豪ドルも引き続き圧力を受ける可能性があります。技術的な観点から見ると、デイリー、ウィークリー、およびマンスリーチャートのいずれも、豪ドル/ドルは疲弱な状態が見受けられ、昨年12月の高値0.6871が頂点となっており、技術指標は明らかに下降基調にあり、豪ドルの空売りの勢いが強いことを示しています。デイリーチャートにはヘッドアンドショルダーの形状が見受けられます。0.65の水準を下回れば、豪ドルの下落がさらに拡大する可能性があります。逆に、0.6720以上まで上昇しない限り、トレンドの転換は難しいでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール