loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/30

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/1/30

1月29日(月曜日)、ドルは円に対して0.45%下落し、147.45に達しました。投資家は、ますます高まる地政学リスクにも警戒を続けています。アメリカのバイデン大統領とアメリカの公式は日曜日に、シリア国境に近いヨルダン北東部に駐留するアメリカ軍がドローン攻撃を受け、3人のアメリカ兵が死亡し、数十人が負傷したと述べました。アナリストは、この不確実性が一時的に避難通貨である円を押し上げる可能性があると述べています。現在、投資家は、連邦準備制度が水曜日に終了する2日間の会議で利下げの期待に対抗する準備をしています。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFedWatchツールによると、アメリカ経済が依然として強固であるという見方が強まるにつれて、トレーダーは3月の利下げの確率を89%から48%に下げました。連邦準備制度は水曜日に金利を据え置くことを予想しており、投資家は連邦準備制度議長パウエルの発言に焦点を当てるでしょう。彼は12月に連邦準備制度が利下げサイクルに転じる可能性を示唆していました。最近の強力な経済データを考慮すると、今回の会議ではパウエルが前回の会議のトーンを薄める可能性があります。その場合、ドルは支援されるでしょう。その逆に、市場がドルを再び下げる方向に見るでしょう。日本円に関しては、日本銀行がマイナス金利政策を終了する動きが見られないため、円の大幅な上昇は一時的に困難です。日足チャートでは、ドル/円は範囲内で横ばいの動きを続けており、上方の149付近が一時的な強い抵抗となり、下方の147は一時的なサポートを提供しています。範囲のどちらか一方を突破すると、トレンドが明確になります。連邦準備制度の水曜日の利下げ会議の結果が出る前に、ドル/円が範囲内で横ばいの動きを続けることが予想されています。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/1/30


1月29日(月曜日)、豪ドル/米ドルは前日比0.6%上昇し、0.6610で取引を終えた。過去1週間、中国政府が経済と株式市場を支援する一連の刺激策を打ち出し、中国市場の人気が回復していることが豪ドルをある程度支えている。投資家はこれらの政策の効果についてはまだ確信を持っていないが、少なくとも市場での豪ドルの下落トレンドは一時的に抑制されているようだ。水曜日にはオーストラリアで注目される第4四半期のインフレデータが公表され、その後来週には利上げ会議が開催される予定だ。したがって、インフレデータの変化はオーストラリア中銀の通貨政策姿勢に影響を与え、それによって豪ドルに影響を与える可能性がある。アナリストは、第4四半期の総合インフレ率が前四半期の1.2%から0.9%に減速すると予測している。第4四半期の消費者物価指数(CPI)の平均増加率は0.9%に減少する見込みだ。もしインフレデータが減少していると、それはさらに豪ドルの利上げサイクルが終了することを確認することになるだろう。また、豪ドルは利上げの利点という支えを失うことになるだろう。さらに、需要の低下により鉄鉱石などの主要商品価格が下落すれば、それも豪ドルに不利な影響を与えるだろう。現時点で重要なのは、2月の利上げ会議で米連邦準備制度理事会(FRB)がどのような姿勢を示すかだ。日足チャートでは、日足のモーメンタム指標は傾向を示さず、全体的なパターンは中立的である。MACDのシグナルラインはゴールデンクロスの兆候を徐々に形成しており、RSIはオーバーセール領域から上昇トレンドに向かう兆候を示している。先週の高値0.6621とその後の21日移動平均線0.6650が最初の抵抗レベルである。ニューヨークセッションの安値0.6581とシドニーセッションの初期安値0.6570が初期サポートレベルである。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール