お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【外国為替市場の動向】2024/3/26

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/3/26

3月25日(月曜日)、日本円は大きな変動はなく、ニューヨーク市場のクロージングでドルに対して0.03%上昇し、151.47円で推移しました。これは先週金曜日に記録した4か月ぶりの高水準である151.86円よりも若干低い水準です。日本財務省の役人が円の弱体化を試みる投機家に警告した後、円は一時上昇しましたが、その後その上昇を取り消しました。日本財務省の役人は、現在の円の弱さが基本的な要因を反映していないと述べ、これは最近、円安を巡って政府関係者が強調してきた警告に応じたものです。トレーダーたちは、干渉の兆候を探るために152円付近の水準に注目しています。ただし、波動性が回復しない限り、政府が介入する可能性は低いとの分析もあり、またこの要素が為替レートよりも重要である可能性も指摘されています。現在、多くの主要通貨の暗黙の波動性は依然として低下しており、これは金利差取引にとって有利な環境です。つまり、投機家が円や他の低金利通貨を借り入れ、高金利通貨に投資し続ける可能性があります。これは逆に円をさらに下押しする圧力を維持する可能性があります。日米の為替レートの日足チャートでは、ドル/円は依然として年初来の高水準の領域にとどまっており、ドル買いポジションが堅持されていることを示しています。ただし、日本の中央銀行の干渉の可能性に警戒し、さらなる上昇には慎重な姿勢が見られます。日本の中央銀行が実際の市場介入を行わない場合、投機家は152円の抵抗水準を慎重にテストする可能性があります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/3/26

3月25日(月曜日)、豪ドルは米ドルに対してわずかに0.37%上昇し、0.654ドルとなりました。月曜日のデータによれば、2月の米国の新築一戸建て住宅販売が予想外に減少し、一方で米連邦準備制度理事会(FRB)の政策決定者たちは、米国のインフレ、特に住宅価格の上昇トレンドが落ち着くと依然として信じており、これが全体的な物価上昇のペースを抑制するのに役立つと予想しています。その結果、ドル指数がわずかに下落し、豪ドルも下降トレンドを一時的に抑えることができました。次に、投資家の注目は水曜日に発表される月次インフレ報告書に向けられ、それまでの間、豪ドルは横ばいの動きが見込まれます。一部のアナリストは、第2四半期の終わりにより多くのサービス業のデータが出ることから、2月のインフレ率が前年比で3.6%に上昇する可能性があると予想しています。一方、1月のインフレ率は2年ぶりの低水準である3.4%を記録しました。2月のインフレが上昇する場合、豪ドルの利下げの期待が低くなり、豪ドルに一定のサポートを提供する可能性があります。豪ドル/米ドルの日足チャートでは、依然として弱気傾向が続いており、為替レートはボリンジャーバンドの中間ラインよりも下に押し込まれ、技術指標も下向きの傾向が続いています。下方の0.6500は現在比較的強力な支持水準であり、短期間内に突破されることはないでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール