お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【外国為替市場の動向】2024/3/28

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/3/28

3月27日(水曜日)、ドル/円は一時、1990年以来の最高値である151.97に達しましたが、後に下落し、151.36で取引を終えました。東京市場のクロージング直前には、日銀、財務省、そして金融庁が会議を開き、その後、財務省の官房長、神田真人氏が「無秩序な外国為替相場に対応するためには、どんな手段も排除しない」と述べました。日本当局は、2022年に円を守るために151.94で市場介入したことがあり、今回も同様の措置をとる可能性を示唆しました。財務大臣の鈴木俊一は、その市場介入前と同様の言葉で「断固たる措置」を警告し、過度な為替変動に対処する意向を示しました。一部のアナリストは、「彼らはある程度、逆風に対処している」と分析しています。「介入は短期的に助けになるかもしれませんが、長期的な解決策ではありません」と述べました。現時点で、円安を阻止するための鍵は、米連邦準備制度がいつ利下げサイクルを開始するか、および日本以外の政府債券利回りの低下にかかっています。しかし、近年の米国経済の強さを考慮すると、投資家は大幅な利下げへの期待を下げ始めており、それによりドルの強さが維持されています。したがって、現在のアービトラージ取引による不利な状況を扭転させるのは容易ではありません。今週の市場の焦点は、金曜日に公表されるアメリカのコアインフレデータです。インフレが依然として頑固な成長を示す場合、6月の利下げの可能性はさらに低下し、それにより利差が絶対的な優位性を持つドルが引き続き支持されるでしょう。近いうちに152の心理的な関門が突破されれば、ドル/円は152-153の水準に向かう可能性があります。下向きのリスクは、150の前回の強力なサポート(現在の支持水準)を下回るか、ドル/円の方向転換が見られるかどうかです。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/3/28

3月27日(水曜日)、アジア市場では、オーストラリアドル/米ドルが0.6512の低水準に下落しました。オーストラリアからのデータによると、2月の消費者物価指数(CPI)は前月比0.2%上昇し、前年同月比で3.4%と2年ぶりの低水準を維持しましたが、アナリストは3.5%またはそれ以上の上昇を予想していました。 3か月間の年率インフレ率は2.4%に鈍化し、オーストラリア準備銀行の目標範囲である2-3%の間にありますが、コアインフレ指標であるCPIトリムメディアンは前年比で依然として高い水準にあります。これは賛否両論のデータですが、全体的なインフレ率はオーストラリア準備銀行の第1四半期の予測である3.7%を下回る可能性が非常に高いです。したがって、今日発表されたCPIは8月の利下げの可能性をはっきりと排除していませんが、オーストラリア準備銀行はさらなるデータを見る必要があると認識し、その後に完了したと判断する可能性が高いです。インフレの減速により、オーストラリアドル/米ドルの為替レートはわずかに抑制されました。次に、市場の注目は金曜日のアメリカの消費物価指数に向けられます。データが強力であれば、アメリカの6月の利下げの可能性が低くなり、ドルは引き続き強くなるでしょう。逆に、オーストラリアドルは低水準から反発する可能性があります。日足チャートでは、オーストラリアドル/米ドルは広範なレンジでの横ばいの低い領域にあり、テクニカル指標はやや均衡線の下にあり、オーストラリアドルが弱いことを示しています。さらなる動向に関しては、今週金曜日に発表される2月のアメリカのコア個人消費支出(PCE)物価指数の影響を注視する必要があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール