お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GBPUSD分析のアイキャッチ画像

【GBPUSD】通貨ペア分析レポート-2024/4/1

市場動向と要因分析

ポンド円相場は1.2892から下落が再開し、1.2574の支持線を下抜けする展開となっています。当面の下落リスクが高まり、1.2517の構造的サポートラインへの試しとなる公算が大きくなっています。同サポートラインを明確に割り込めば、1.2036から始まったポンド高は1.2892で既に終了し、短期的な相場展開が売り優勢に傾くシグナルとなります。反発が継続する場合でも1.2667の抵抗線が上値の目安となり、下値を探る展開が続きそうです。

テクニカル分析とサポート

より大きな時間足で見ると、1.3141の中期的高値から始まった値動きは、1.0351(2022年安値)から始まった上昇トレンドの調整局面と見なされています。1.2036からの上昇は、このパターンの2番目の上げ波の可能性がありますが、上値は1.3141に抑えられる公算が高いでしょう。一方、1.2517の重要サポートを下抜けた場合、この相場は1.2075(1.3141-1.0351の38.2%ギリー戻し)への調整に入ったと判断される可能性があります。

トレード戦略

当面のポンド円相場は方向感に欠ける展開が続くと予想されますが、1.2666を上値が重くなれば売り側のリスクが意識されやすくなります。1.2574を下破した場合、1.2517への下落が本格化し、同レベルが試される情勢が濃厚となります。

まとめ

ポンド円相場は重要サポートライン1.2517を視野に下落が続いています。同レベルを下抜けた場合、1.0351安値から始まったポンド高への調整フェーズに入る可能性が高まります。反発は1.2667を上値の目安としつつ、全体の上値は1.3141が上限と見られる調整局面が続く公算が大きくなっています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール