loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2023/12/19

市場動向と要因分析

最新の市場動向として、現在のUSD/JPYは強い回復が見られつつも、大きな変動はありません。しかし、156.48のレジスタンス以下では上昇が制限される可能性が高く、再び下落が見込まれます。特に、140.94の堅固なブレイクがあれば、151.89からの全体の下落が再開されるでしょう。次なるターゲットは、136.63の次のフィボナッチレベルです。

要因分析として、151.89からの下落は、151.93(2022年の高値)からの修正パターンの三番目の段階と見られています。さらなる下落が見込まれ、127.20から151.89までの61.8%のリトレースメントである136.63までの深い下落が見られると、そこでの持続的なブレイクは、127.20のサポート(2022年の安値)への道を開くことになります。これは、146.58のレジスタンスが維持されている限り、優先されるでしょう。

テクニカル分析とサポート

テクニカルな視点から見ると、現在のUSD/JPYの展望は140.94からの回復が今日も続いていますが、展望に変化はありません。回復の上限は、再び下落をもたらすためには146.58のレジスタンスよりもはるかに制限されるはずです。一方で、140.94のブレイクは、151.89からの下落を136.63の次のフィボナッチレベルまで再開させるでしょう。

サポートとして、151.89からの下落は、151.93(2022年の高値)からの修正パターンの三番目の段階と見られています。さらなる下落が見込まれ、127.20から151.89までの61.8%のリトレースメントである136.63までの深い下落が見られると、そこでの持続的なブレイクは、127.20のサポート(2022年の安値)への道を開くことになります。これは、146.58のレジスタンスが維持されている限り、優先されるでしょう。

トレード戦略

現在のトレード戦略としては、USD/JPYの上昇が制限されることを考慮し、特に146.58のレジスタンスが堅持されている場合は、短期的な下落を狙ったポジションが有益となるでしょう。一方で、140.94のサポートを下回る場合は、再び下落が強まる可能性が高まります。トレーダーは市場動向とサポートレベルを注視し、慎重な取引を心掛けることが重要です。

まとめ

総括すると、現在のUSD/JPYは一時的な回復が見られつつも、大きな上昇は制限される可能性が高いです。テクニカルな要因やサポートレベルを考慮しつつ、慎重なトレード戦略を立てることが重要です。特に146.58のレジスタンスの動向や140.94のサポートのブレイクに留意しながら、市場の変動に柔軟に対応することが求められます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール