loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/1/11

市場動向と要因分析

最新の市場動向を見ると、USD/JPYは145.97を上限にしたまま、横ばいの展開が続いています。現時点では、日中のバイアスは中立的な状態が続いています。この状況は、140.25からの反発が続いていることを示しています。

要因分析では、145.97を上回れば、再び上昇トレンドが始まる可能性がありますが、その際には151.89から140.25への調整の過程で設定された61.8%のリトレースメントである147.44で上限が控えているでしょう。一方で、143.17を下回ると、中立的な状態から再び下降トレンドが強まり、140.25の安値を再テストする可能性があります。

テクニカル分析とサポート

テクニカル分析から見ると、151.89からの下落は、現時点では151.89からの調整パターンの三番目のレッグと見なされています。140.25を再度割れると、127.20から151.89までの上昇幅の61.8%にあたる136.63を目指すことが考えられます。もし136.63を維持的に割ることができれば、2022年の安値である127.20までのサポートが見込まれます。ただし、147.44のフィボナッチ・レジスタンスを堅く突破すると、この見方は弱まり、代わりに151.89の再テストがもたらされる可能性があります。

トレード戦略

現在の状況を考慮すると、USD/JPYは横ばいの展開が続いていますが、145.97を上回るか、143.17を下回るかに注目が集まります。上昇トレンドが再開される可能性がある一方で、下降トレンドが強まる可能性も考慮しなければなりません。

トレーダーは、市場の動向に慎重に注意を払い、特に147.44のレベルが重要なサポートとなる可能性があるため、この水準の変化を注視するべきです。

まとめ

現在のUSD/JPYの状況を総括すると、市場は横ばいの展開が続いており、上昇トレンドと下降トレンドの双方の可能性が依然として存在しています。トレーダーは慎重に市場を観察し、特に145.97と143.17のレベルに注目するべきです。将来的な動向に備え、トレード戦略を検討する際には、技術的な要因だけでなく、基本的な要因も考慮することが重要です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール