loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/1/4

市場動向と要因分析

最近の市場動向と要因分析を考察します。USD/JPYは短期の底からの反発が続いており、本日は151.89から140.25までの移動の38.2%戻りに達し、早くも144.69まで上昇しました。現時点では、142.84のサポートが保持されている限り、インデイトレンドは上向きのままです。144.94のレジスタンスが持続的に突破されれば、更なる上昇が見込まれ、61.8%戻りの147.44までのラリーが期待されます。一方で、142.84のサポートが破られれば、再度140.25のテストが予想されます。

テクニカル分析とサポート

テクニカル分析に基づき、現在の状況を詳しく見ていきます。151.89からの下落は、2022年の高値151.93からの修正パターンの第三の段階と見られています。より深い下落が見られる場合、127.20から151.89への61.8%戻りの136.63までのさらなる下落が期待されます。しかし、144.94のレジスタンスが破られると、このベアリッシュな視点が和らぎ、151.89からの下落が127.20からの上昇への修正である可能性が高まります。

トレード戦略

現在の相場状況を考慮し、トレード戦略を検討します。142.84のサポートが保たれる場合、上昇トレンドが続く可能性があり、144.94のレジスタンスの突破は更なる上昇をもたらす可能性があります。逆に、サポートが破られると、再度140.25までの下落が予想されます。トレーダーはこれらのポイントを注視し、慎重なポジションを検討することが重要です。

まとめ

総括として、現在のUSD/JPYの状況を振り返ります。短期の反発が進行中であり、市場動向やテクニカル分析からは上昇の可能性が示唆されています。ただし、サポートやレジスタンスの突破に注意を払いながら、トレーダーは慎重に行動することが重要です。将来の動向に注目し、市場の変化に適応することが成功の鍵となります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール