お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/3/12

市場動向と要因分析

今日の回復で一時的な安値が146.47で形成され、USD/JPYの日中のバイアスがまず中立に転じました。下値では、140.25から150.87までの38.2%のリトレースメントを持続的に下回ると、150.87からの下落が全体として逆転しているという主張になります。この場合、より深い下落が144.30やそれ以下の61.8%のリトレースメントまで見られるでしょう。しかし、146.81からの強力なサポートは、148.29のマイナーレジスタンスを抜けることによって、150.87からの下落が単なる修正であり、すでに完了していると主張します。次に150.87の再テストが見られるはずです。

テクニカル分析とサポート

全体像では、151.89(2023年の高値)からの価格変動は、127.20(2023年の安値)からの上昇トレンドの修正であるという見方に変化はありません。問題は、この修正が140.25で完了したか、それとも150.87からの下落として三番目のレッグで延長されているかです。前述の146.81のフィボナッチレベルの持続的なブレークは、後者のケースを支持します。しかし、それでも、下側は127.20から151.89までの50%のリトレースメントである139.54で抑えられるべきです。

トレード戦略

現在、USD/JPYの市場は一時的に中立的なバイアスとなっており、明確な方向性が示されるまで、注意深く見守る必要があります。上昇トレンドや下落トレンドの始まりに関する確証が得られるまでは、慎重なポジション管理が重要です。

まとめ

USD/JPYの動向は、今後数日間で鍵となる可能性があります。146.81のサポートや148.29のレジスタンスが重要なレベルであり、これらの水準のブレークが今後のトレンドを決定づけるでしょう。市場参加者は、慎重に相場を監視し、ポジションを管理することが不可欠です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール