お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
USDJPY分析のアイキャッチ画像

【USDJPY】通貨ペア分析レポート-2024/2/29

市場動向と要因分析

今、USD/JPYでは149.51の小さなサポートに注目が集まっています。4時間MACDでのベアリッシュダイバージェンスの状況を考慮すると、149.51のしっかりしたブレイクは150.87での短期のトップを確認するはずです。その後、日中のバイアスは148.20のチャンネルサポート(現在)に戻りますが、それは修正的な動きでもあります。一方、上向きでは、150.87のブレイクが140.25からの上昇を再開し、151.89/93の主要なレジスタンスゾーンを再テストします。

テクニカル分析とサポート

大局的な視点では、140.25からの上昇は127.20(2023年の安値)からのトレンドを再開するものと見られています。151.89/.93のレジスタンスゾーンの明確なブレイクはこのブルッシュケースを確認し、140.25からの127.20からの61.8%のプロジェクションが155.50に向かうでしょう。ただし、148.79のレジスタンスがサポートに変わると、このブルッシュケースは遅れ、151.89からの修正パターンをもう一つの下降レッグで延ばすでしょう。

トレード戦略

現在、USD/JPYは大幅に下落していますが、149.51の小さなサポートより上にあります。日中のバイアスはまず中立です。4時間MACDでのベアリッシュダイバージェンスの状況を考慮すると、149.51のしっかりしたブレイクは150.87での短期のトップを確認するはずです。その後、日中のバイアスは148.04のチャンネルサポート(現在)に戻りますが、それは修正的な動きでもあります。一方、上向きでは、150.87のブレイクが140.25からの上昇を再開し、151.89/93の主要なレジスタンスゾーンを再テストします。

まとめ

今日のUSD/JPYの見通しでは、市場は不確実な状態が続いています。149.51のサポートが重要なポイントとなり、そのブレイクが150.87でのトレンド転換を示す可能性があります。ただし、大局的な視点では、140.25からの上昇は持続しており、151.89/.93のレジスタンスゾーンのブレイクがさらなる上昇をもたらす可能性がありますが、サポートが変わることでこのシナリオが遅れる可能性もあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール