お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
GOLD分析のアイキャッチ画像

【XAUUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/26

市場動向と要因分析

金価格は今週、約2036ドルのレジスタンスレベルで安定して取引が始まりました。これは先週の終値とほぼ同じ水準です。先週の取引終了時には、金価格が2041ドルのレジスタンスレベルに向かって急上昇しました。したがって、米ドルの強さにもかかわらず、金価格は米国経済部門の好調な結果を支えに、米中銀の政策の引き締めが続く中でも、利益を上げ続けています。

テクニカル分析とサポート

本日の金分析 – 02/26: ブルなテクニカルシグナル(グラフ)によると、金取引は最近の経済データの結果に影響されています。米S&Pの先行世界製造業PMIのパフォーマンスは、2月の予想を50.5で上回る51.5となりました。一方、この期間のサービスPMIは、予想を下回る52ではなく、51.5となりました。また、2月16日までの週の初期の米国失業手当は、218,000の見積もりを大幅に下回る201,000でした。2月9日までの継続的な請求は、1,885万ドルの見積もりを大幅に下回る1,862万ドルでした。

トレード戦略

今週、米国の基本的なインフレ率は、米連邦準備制度委員会の好ましい指標であるコア個人消費支出物価指数によって、前月比0.4%上昇した可能性があります。したがって、これは、過去2年間で大幅に低下していた指標の2回目の連続月次加速を示すことになります。さらに、3か月または6か月単位でデータを分解すると、それぞれ12月に米連邦準備制度委員会の目標を下回った後、2%を超える回復が見込まれます。

まとめ

金価格は、米国の経済データ、地政学的緊張、中央銀行の政策に影響を受けて取引されています。今後の金相場は、米国や他の国々のインフレレポート、G20財務大臣・中央銀行総裁会議の結果にも注目が集まるでしょう。技術指標が上向きに転じる中、金価格がより高いレジスタンスレベルに向かう可能性がありますが、一方で、サポートレベルに戻らなければ、一般的なトレンドの反転は見込まれません。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール