お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
AUDUSD分析のアイキャッチ画像

【AUDUSD】通貨ペア分析レポート-2024/3/12

市場動向と要因分析

AUD/USDは、一時的なトップ0.6666以下での推移が続く中、現在も横ばいの展開が続いています。55期間の4時間指数移動平均(現在0.6569)がサポートとして機能している限り、相場の傾向は中立のままです。0.6666を上回れば、0.6442からの反発が再開し、次に0.6877から0.6442への61.8%リトレースメントにあたる0.6707を目指すことができます。そこを持続的に上回れば、0.6442からの上昇がおそらく0.6269からの全体の反発を再開しているとの見解が強まります。ただし、55期間の4時間指数移動平均の持続的な下抜けは、短期的なベアリッシュの復活を意味し、0.6442の安値の再テストをもたらす可能性があります。

テクニカル分析とサポート

大局的には、2022年の安値0.6169からの値動きは、2021年の高値0.8006からの下降トレンドの中期的な修正パターンと見なされています。0.7156(2023年の高値)からの下落は、おそらくまだ進行中の第二の段階と見なされています。全体として、0.6169/0.7156の範囲での横ばいトレードがさらに一段と続く可能性があります。ただし、0.7156が保持される限り、最終的なダウンサイドのブレイクアウトは穏やかな方向に傾くでしょう。

トレード戦略

AUD/USDの日中バイアスは現在中立であり、0.6666以下での横ばいが続いています。55期間の4時間指数移動平均がサポートとして機能している限り、追加の上昇が軽く優勢となります。ただし、0.6666を上回れば、反発が続き、次に0.6707を目指します。一方で、55期間の4時間指数移動平均が持続的に下抜けると、短期的なベアリッシュが復活し、0.6442の安値の再テストが生じる可能性があります。

まとめ

AUD/USDは引き続き一時的なトップ0.6666以下での横ばいトレンドを維持しています。トレンドの方向感は、55期間の4時間指数移動平均のサポートや0.6666の上方ブレイクによって変化する可能性があります。全体的には、大局的な市場動向は0.6169/0.7156の範囲内での横ばいが続く見通しですが、0.7156がサポートとして機能する限り、将来的な下方ブレイクアウトの可能性がわずかに優勢です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール