loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2023/11/27

市場概要

最近のグローバル外国為替市場全体の動向は、主に通貨政策の期待やリスクセンチメントの変化などの要因に影響を受けています。具体的には、先週、ドルは揺れ動き、金曜日に103.4359で終了しました。ユーロやポンドなどの欧州通貨は、主にドル指数の変動に従っており、金曜日にユーロは1.0941、ポンドは1.2605で終了しました。貴金属では、金価格が揺れ上昇し、金曜日には2001.800ドル/オンスで終了しました。一方、大宗商品では、先週の石油価格が揺れ下降し、金曜日には75.18ドル/バレルで終了しました。

ドル指数

先週のドル指数は、11月以来の下落トレンドを続け、インフレデータの低下と経済データが予想を下回った状況で、揺れる弱いトレンドを示し、金曜日に103.4359で終了しました。

重要なデータを見ると、最近の米国の経済データは弱まり、同時にCPIデータも低下しており、11月中旬以来、ドル指数が弱気トレンドを示しています。まず第一に、米国が最近公表した小売売上高データが予想を下回り、耐久財の注文数もさらに低下しています。先週公表された初の週次初期失業手当申請者数が予想を上回ったにもかかわらず、米国の経済成長が鈍化しており、ドルが長期的に優位な地位を維持するのは難しい状況です。次に、エネルギー価格の低下の影響を受けて、10月のCPIの同比成長率が3.2%に低下し、コアCPIの同比成長率も4%に低下し、いずれも市場予想を下回っています。インフレデータが予想を上回っても、まだ連邦準備制度(Fed)の2%のインフレ目標までの距離があり、インフレの抑制はFedが注視する主要な問題です。最新の11月のFed会議の議事録では、利率の引き締め効果を維持することが強調され、インフレが目標水準に戻るまで、経済状況に基づいて利上げの可能性が排除されていないことが示されています。経済成長の鈍化とインフレデータの低下により、ドルは下落圧力にさらされていますが、Fedの役員の態度と新しいデータの公表は、短期的にはドルの動きに影響を与えるでしょう。

将来の展望では、今週は米国が第3四半期のGDP季節調整後年率、10月の個人消費支出、一人当たり可処分所得、コアPCE物価指数、および11月の製造業PMIなどの主要データを発表する予定です。インフレ傾向と経済状況がさらに確認され、主要データの背後にある経済展望がドルの短期的な動きに重要な影響を与える可能性があります。中長期的には、Fedはインフレ圧力を軽減する目標を変更しておらず、したがって通貨政策を急速に変更するのは難しいでしょう。もし経済データが引き続き米国の成長が鈍化し、インフレが緩和されることを確認すれば、ドルは揺れ動く傾向が続く可能性があります。

ポンド/ドル

先週、ポンドは主にドル指数の変動に従い、ドルの大幅な下落に加えて、経済データが予想を上回り、中央銀行がホークの信号を発する背景で、全体的に強い動きを見せ、過去10日間で2.43%上昇し、金曜日には1.2605で終了しました。

英国の経済データが意外な反発を見せ、インフレ圧力が依然として存在するものの、最近のポンドの強い動きを支えました。先週木曜日、英国は11月の製造業およびサービス業PMIを発表し、製造業PMIの初値は46.7で、6か月ぶりの新高であり、サービス業PMIの初値は50.5で、4か月ぶりの新高で、市場予想と前値を大幅に上回りました。これにより市場は英国の利下げ期待を下げ、ポンドの強さを支えました。また、インフレに対抗することは英国通貨政策の焦点であり、先週火曜日に英国中央銀行のベイリーが発表したスピーチでは、食品とエネルギー価格が依然としてインフレに上昇のリスクをもたらしていると述べ、副行長のラムズデンも英国の利率は長期間高い水準を維持する可能性があると発言し、中央銀行のホークの立場は短期間でポンドを支える可能性があります。

将来の展望では、短期間内に経済データが反発し、インフレ目標が引き下げられた影響でポンドが強くなっていますが、英国の経済基本面の回復傾向が不確かであり、将来のポンド/ドルの動向は揺れ動く可能性があります。また、今週、英国は11月の製造業PMIデータを発表し、米国も一連の主要指標を発表する予定であり、市場センチメントと期待に一定の影響を与える可能性があります。政策の変化と経済データがポンド/ドルに短期的な影響を与える可能性があるため、注視することをお勧めします。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール