loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2023/12/08

1. アメリカドル(USD)

水曜日の動向と今後の展望

アメリカドル(USD)は木曜日、リスクが市場に戻る中、他の主要通貨に対して弱含んでいました。米ドル指数は3日間の上昇トレンドをストップしました。今週の初めに3%以上下落したアメリカ国債10年利回りは4.2%未満にとどまっています。アメリカの11月の雇用レポートには非農業部門雇用(NFP)や賃金のインフレデータが含まれ、週末を前に市場参加者によって注意深く見守られています。また、アメリカの経済予定には12月のミシガン大学消費者センチメント調査も含まれます。

2. ウォールストリートの動向

ナスダックコンポジットが1.5%上昇でリード

木曜日、ウォールストリートの主要指数は異なる動きを見せましたが、最終的には上昇し、ナスダックコンポジットが1.5%上昇しました。同時に、アメリカ国債10年利回りは3%以上下落した後も4.2%以下にとどまりました。金曜日の朝、アメリカ先物株価指数は平穏に取引され、ドル指数は木曜日の下落をわずかに103.50以上で固めています。アメリカの失業率は43.9%で据え置かれ、NFPは180,000上昇する見込みです。

3. 日本の経済動向

第3四半期の国内総生産が2.9%の年率で縮小

アジア市場では、日本のデータが示すところによれば、第3四半期の国内総生産が年率2.9%で縮小しました。これは市場の予想よりも2.1%の収縮が大きい数字です。木曜日の日銀の意外なホークイッシュな動きにより、ドル/円は金曜日に144.00以上でやや安定しています。

4. ユーロ/ドルとポンド/ドルの動向

木曜日、ユーロ/ドルはわずかに上昇しましたが、1.0800を奪還することには失敗しました。金曜日の早朝、この通貨ペアはこの水準以下で狭いレンジで上下に動いています。一方、ポンド/ドルは3日間の下落をストップし、金曜日に1.2600以下でわずかに横ばいの局面に入りました。イギリス銀行はヨーロッパセッションの終了時に消費者インフレ期待データを発表する予定です。

5. ユーロ/ドル(EUR/USD)とポンド/ドル(GBP/USD)の動向

ユーロ/ドルは水曜日、6日連続でマイナス圏を終えました。木曜日の朝、この通貨ペアは1.0750をわずかに上回る狭いレンジで取引され、反発が難しい状況です。ユーロ圏の小売売上高データは10月に年率で1.2%減少しました。一方で、水曜日にはポンド/ドルは1.2600を下回り、11月24日以来の1.2550の最低水準を記録しました。この時点で、取引ペアは1.2560周辺で横ばいの動きを見せています。

金価格の推移

2,030ドル近くでほぼ変わらず

金曜日、金価格は上下に大きな動きを見せず、その日を2,030ドル以下でほぼ変わらずに終えました。XAU/USDは金曜日の朝にこの水準付近で変動しています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール