loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/13

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/13

12月12日(火曜日),ドルは円に対して0.40%下落し、終値は145.60で、取引中には一時的に144.75まで下落しました。アメリカは11月の消費者物価指数(CPI)を発表し、季節調整後のCPIは前年同月比で3.1%上昇し、6か月ぶりの低水準となりました。季節調整後のCPIは前月比で0.1%上昇し、予想と前回の値と同じでした。11月のインフレデータは予想を上回る上昇となりましたが、前月よりも低い水準でした。市場への印象は、インフレへの対抗策が十分に進展しており、次に連邦準備制度が利下げする可能性があるというものですが、現在の真の問題はタイミングです。これらのデータは、連邦準備制度が安心して利下げできる前に、いくつかの主要指標がさらなる進展を示す必要があることを示しています。次に、連邦準備制度は水曜日に2日間の会議を終了し、投資家はその後、意思決定者が経済の状況をどのように見ているか、そして将来の数四半期の利率の動向についての見解に焦点を当てるでしょう。トレーダーたちはまた、連邦準備制度の議長であるパウエルが2024年上半期の利下げの可能性をどのように見るかに注目しています。昨夜の外国為替市場では、インフレデータが平凡であったため、米国債利回りがやや下落し、ドル/円の下落を促しました。以前、ブルームバーグニュースは月曜日に報じ、日本の中央銀行の役員は過度な急ぎは必要ないと考えており、インフレが続く証拠として十分な賃金の増加の証拠を見ていないと述べています。これにより、来週にはマイナス金利を終了する可能性が最も早く消え、円がやや軟化しました。現在、トレーダーは木曜日の早朝に行われる連邦準備制度の利率決定とパウエルのスピーチに焦点を当てています。もし連邦準備制度が利率を維持し、かつパウエルが通貨政策において強硬な態度を見せなければ、ドル/円は引き続き下落するでしょう。もしパウエルが高い利率水準を長期間維持したいという意向を示し、必要に応じて再び利上げを行う可能性さえ排除しない態度を見せれば、ドル/円は再び空売りの修正相場が現れるでしょう。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/13

火曜日(12月12日)、豪ドルはわずかな揺れを続け、クローズは0.6559水準でした。鉄鉱石価格の上昇により、アジア市場ではリスクセンチメントが改善し、アジア取引時には豪ドルに支えが入りました。しかし、火曜日に公表された調査によると、オーストラリアの12月の消費者信頼はわずかに回復しましたが、生活費の急上昇と利率の大幅な上昇により、全年を通して過去2番目の悪い結果となりました。別の調査では、11月にオーストラリアの企業信頼が販売と利益の低迷のために下落し、同時に未使用の生産能力不足により価格圧力が上昇していることが示されています。オーストラリア中銀の総裁、ブロック氏は、政策立案者が慎重な姿勢で通貨政策を進めており、新しいデータを引き続き注視すると述べ、また、オーストラリアが世界的なインフレ闘争で遅れていないと補足しました。最近の経済パフォーマンスは、オーストラリア中銀が追加の利上げの可能性を持っているとの見方を徐々に下げているようです。これにより、豪ドル/米ドルは12月初めに年内高値0.6690を記録した後、連続して下落しています。デイリーチャートでは、豪ドル/米ドルはなおも0.6520水準を堅持していますが、技術的な指標は下向きの兆候を示しています。今後の注目ポイントは、連邦準備制度理事会の12月の利上げ会議結果および将来の利上げ経路への姿勢です。もし連邦準備制度理事会がホーク気味であると表明すれば、豪ドル/米ドルは継続して下落する可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール