loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/14

USD/JPY

水曜日(12月13日)、ドル指数は102.89を記録し、11月30日以来の最低値となり、当日は0.83%急落しました。ドル円は1.67%下落し、終値は142.88となり、取引中には12月8日以来の最低値である142.63に一時的に達しました。北京時間の木曜日(12月14日)の午前3時、連邦準備制度理事会(Fed)は3回目の連続して利上げせず、市場の一般的な予想に沿っています。Fedの19人の政策決定者のうち17人が利上げの行動は終了し、借入コストは2024年に低下すると予測しています。さらに、Fed議長パウエルも発言し、利下げが適切なタイミングは既に注視されていると述べました。シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFedWatchツールによれば、トレーダーは現在、3月の利下げの可能性を72%と見積もっており、水曜日の早い時間の49%よりも高いです。5月の利下げの可能性は94%と予想されています。Fedの今回の会議での明確な鳩派の転換は、ドルに圧力をかけました。日本銀行も来週会議を開催する予定です。以前から市場では、日本銀行が近くマイナス金利政策を終了することに大きな期待が寄せられており、そのために円は急速に年初来の安値から回復しました。来週にマイナス金利を終了することは現実的には見えませんが、会議が緩和政策をできるだけ早く終了させる傾向を示し続ければ、円は引き続き上昇の要因を得るでしょう。日足のチャートでは、ドル/円は現在、小幅な調整の後で大幅に下落するトレンドに入っており、為替相場は明らかに下降チャネル内に留まっており、技術指標も堅固に下降の方向を示しており、ドルの空売りの意向が強いことを示しています。先週の安値141.64が下回れば、ドル/円は140-138の領域に低下する可能性があります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/13

水曜日(12月13日)、豪ドルは米ドルに対して急騰し、1.51%上昇して0.6659で終了しました。前夜の市場では、米連邦準備制度は利上げを続けず、新たな経済予測では2024年に融資コストが低下することを示唆しました。12月の米連邦準備制度の会合では、緩和的な政策を望む市場の多くにとって、利上げの行動が終了したことをはっきり示し、これにより現在のインフレデータが鈍化しているため、豪ドルの利上げ確率がますます低くなりました。さらに、市場は以前から、来年、豪州中央銀行が欧米の中央銀行よりも遅れて利下げすると予想しており、これが豪ドルを押し上げる主要な要因でした。日足チャートでは、前夜の市場でほぼ2週間の下落を取り戻す大陽線が形成され、現在、為替レートはボリンジャーバンドのチャネル上端に近づいています。技術指標MACD(平滑異同移動平均線)はゴールデンクロスを再び形成しようとしており、上方で前高0.6690を突破できれば、上昇の余地がさらに広がる可能性があります。現時点では、下方の0.6520が一時的に比較的強力なサポートレベルとなっています。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール