loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2023/12/15

1. ドルが主要通貨に対して2日連続で大幅に下落

アメリカドル(USD)は木曜日に主要通貨に対して2日連続で大きな下落を経験しました。木曜日には、アメリカドル指数が8月以来初めて102.00を下回り、金曜日にはその近くで安定しました。S&Pグローバルは12月のユーロ圏、ドイツ、イギリス、アメリカの製造業およびサービス業の購買担当者指数(IMP)を公表予定です。同じく連邦準備制度は11月の産業生産データも金曜日に発表予定です。

2. ヨーロッパ中央銀行(ECB)が金利据え置き、インフレ見通しを下方修正

ECBは金利を予想通りに据え置き、インフレ見通しを引き下げました。しかし、ECBは方針声明で今後の決定が必要に応じて金利を十分に引き締めることを再確認しました。会議後の記者会見で、ECB総裁クリスティーヌ・ラガルド氏は金利引き下げについて議論していないと述べ、警戒心を下げる時期ではないと付け加えました。ラガルド氏の強硬な姿勢がユーロを押し上げ、EUR/USDは1.1000を超える数週間ぶりの高水準に達しました。

3. 中国の生産動向:好調な一方で小売売上が予想に届かず

アジア市場での取引時間中、中国の生産動向が注目されました。年間スケールで工業生産が市場予想の5.6%から上回る6.6%増加しましたが、小売売上は同じ期間に市場の拡大予想12.5%に達せず、10.1%の成長となりました。

4. ゴールド(XAU/USD)と米国債利回りの動向

水曜夜に印象的な上昇を見せたゴールドは木曜日に10年債利回りが4%を下回る中、2,050ドルに触れました。金曜日の朝にはXAU/USDはわずかに2,040ドル未満で落ち着き、10年債利回りは4%に向けて反発しています。

5. USD/JPYがマルチモンスターの新安値に

USD/JPYは下降トレンドを継続し、木曜日に141.00を下回る新しいマルチモンスターの安値を記録しました。遅れての反発の後、通貨ペアは週末の取引で142.00近くで安定したようです。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール