loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/20

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/20

政策会議が2日間の期間を終えた後、日本の中央銀行はその緩和的な金融政策を変更せず、先行指標を調整しませんでした。その結果、火曜日に円相場は全体的に下落し、その日のニューヨーク市場でドルは円に対して0.71%上昇し、143.82円で取引されました。日本の中央銀行の最新の政策決定により、ドル/円の終値は重要な技術水準との関係が鍵となり、その継続的な上昇が可能かどうかが決定されます。先週、米連邦準備制度理事会(Fed)は利下げのタイミングに焦点を当て、初めはドル/円が下落しましたが、最終的には重要な技術サポートである140.71で立ち直りました。市場は、チャート上では短期的な下降トレンドが続いているものの、日本の中央銀行の緩和的な立場が円を相対的に弱い状態に維持する助けとなり、ドル/円の空売りポジションの修復局面が継続するだろうと見ています。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/20

12月19日(火曜日)に、豪ドル/米ドルは長期の上昇トレンドを継続し、当日のクローズは0.6761で、0.79上昇しました。豪州中央銀行の12月の政策会議の議事録によれば、同銀行は12月に2か月連続で利上げを検討しましたが、インフレに関して十分な励みとなる兆候があると判断し、より多くのデータを待つ必要があると結論づけました。市場はこの会議の後、豪州中央銀行がさらなる利上げを行う可能性をある程度低く見積もり、また最近の米連邦準備制度の鷹派から鳩派への転換の影響も受けています。先物市場の動向によれば、来年2月の会議で再び利上げする可能性は6%であり、来年末までに2回の利下げが予想されています。議事録には、委員たちは現在の公債を満期まで保有するやり方が依然として適切であると一致して見なしていますが、債券の早期売却の可能性を積極的に検討することにも同意しています。トレンド形成は依然としてボリンジャーバンドの上部ラインに密接に従い、各種技術指標は引き続き上昇傾向を維持しています。これは豪ドルがまだ強気であることを示しています。現在、下方の初期サポートは0.6650付近にあり、上方へのさらなる上昇の初期目標は0.6800を目指します。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール