loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2023/12/28

ドルが五か月ぶりの低水準に、日本の投資家に影響は?

アメリカドル(USD)は中旬に他の通貨に対して弱含みが続き、USDインデックスは101.00を下回り五か月ぶりの最低水準に。木曜日の朝、ドルは依然として脆弱な立場にあり、投資家は週初の失業申請データや11月の商品取引収支データを待ち望んでいます。

アメリカ国債の利回り低下と影響

アメリカ国債の10年物の利回りがアメリカ市場で2%以上下落し、水曜日のアメリカセッションで南に向かい、ドルに売り圧力をかけました。ヨーロッパセッションの朝において、10年債の利回りは3.8%近くで安定しています。一方、アメリカ先物指数は、主要なウォールストリート指数がわずかに上昇した後、本日わずかに上昇しています。

日本の経済データと円の動向

アジアセッション初頭、日本のデータでは11月に小売業が前年比5.3%増加。これは10月の4.1%の成長を上回り、市場の拡大予想5%にも勝っています。他のデータによれば、11月の工業生産は前月比0.9%縮小。水曜日のNHKへのインタビューで、日本銀行(BoJ)の上田一夫総裁は、来年には「ゼロでない形でのマイナス金利の終了の可能性がある」と述べました。強気のスタートの後、USD/JPYは弱含み続け、木曜日の朝には141.00を下回る数か月ぶりの安値に急落。

ユーロとポンドの動向

EUR/USDは強気の勢いを増し、7月末以来の最高値を1.1100以上に記録。GBP/USDは広くドルが弱含む中で利益を上げ、ほぼ五か月ぶりに1.2800を超えました。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール