loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/1/18

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、米ドル指数がわずかに上昇し、103.36で取引を終えました。ユーロはわずかに上昇し、1.0881で終了しました。ポンドは米ドルに対して0.32%上昇し、1.2675で終了しました。国際現物金は1.08%下落し、2005.71ドル/オンスで終了しました。

米ドル指数

基本的な観点から見ると、米ドル指数の動向に影響を与える要因は主にアメリカの経済全体の状況と連邦準備制度の政策対応に焦点が当てられています。米国統計局によると、12月の小売売上高は前月比0.6%増となり、予想の0.4%を上回り、11月の0.3%も上回りました。輝かしい小売売上高データは経済の強さを示しており、基本的なインフレ圧力がより長い期間続く可能性があり、市場が連邦準備制度が近く利上げを行うとの期待を削弱しました。価格指標から見ると、アメリカのコア個人消費支出物価指数はまだ2%の目標に達しておらず、一部の投資家は金利が予想よりも長い間高水準を維持する必要があると考えています。この影響を受けて、アメリカの相対金利優位性が最近も引き続きドルの動向を支えています。

チャートを見ると、米ドル指数は100.58近くで前回の下落トレンドを成功裏に抑制し、反発を開始しており、短期の抵抗は104.00および104.80近くに見られます。

ユーロ/米ドル

各中央銀行が利下げサイクルに入る直前の状況で、米連邦準備制度と欧州中央銀行が利下げに転じるリズムが特に重要です。同時に、投資家は経済データの変化に注意を払う必要があります。最近公表されたアメリカの雇用、インフレ、小売売上高のデータはいずれも反発しており、市場は連邦準備制度の利下げに対する期待がやや和らいでいるため、米ドル指数の動向が安定しています。一方で、ユーロ圏の経済見通しは依然として暗いままであり、ECB(欧州中央銀行)総裁のラガルドはユーロ圏のインフレ率を2%に戻すために努力しているがまだ成功していないと述べています。オランダ中銀総裁のクノートも投資家が欧州中銀の利下げに対する期待が高すぎる可能性があり、逆に緩和的な金融政策を抑制するかもしれないと述べています。全体的に見ると、欧州中銀が利下げ措置を講じるまでにはまだ一定の距離があるようです。この背景から、米ドル指数が安定し、加えて欧州の基本的な弱さがユーロの動向を制限する重要な要因となる可能性があり、ユーロ/米ドルは短期間内に弱含みを維持するかもしれません。チャートから見ると、ユーロ/米ドルの短期のサポートは1.0730近くにあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール