お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/20

市場サマリー

昨日、ドル指数はわずかに0.02%下落し、104.25で終了しました。主要な非ドル通貨は上下に動き、ユーロ/ドルはほぼ横ばいの1.0779で推移しました。ポンド/ドルは0.06%下落し、1.2597で取引されました。ドル/スイスフランは0.19%上昇し、0.8826でした。国際的な現物金価格は0.24%上昇し、1オンスあたり2017.95ドルでした。

米ドル指数

春節期間中、ドル指数は引き続き強含みで推移し、1月の米国消費者物価指数(CPI)データが予想を上回る上昇を記録し、再び市場の利上げ期待を打ち消しました。米国債利回りは上昇し、10年債利回りは2か月ぶりに4.30%を超え、2年債利回りは4.60%を超え、昨年12月の米連邦準備制度理事会(FRB)の会議以来の高水準を記録しました。ドル指数はこれに反応して強含みとなり、一時的に3か月ぶりの高水準に達し、一時的に105の節目に接近しました。その後も米国の小売データが低調だったものの、市場の利上げ期待の緩和にはつながらず、現在、市場では3月の利上げ確率が10%未満、5月は約37%、6月は77%と予測され、2024年全体で利上げが100ベースポイント未満にとどまると予想されています。

年明け以来、市場の予想は急速にFRBの予想に近づき、最初の利上げ期待は6月まで延期され、年間で3〜4回の利上げが予想されています。今後数か月間、米国のインフレデータは依然として非常に重要であり、持続的な低下が米国の実質金利の動向を決定し、インフレデータが上昇するか、反復すると、実質金利の期待値に影響を与え、ドル指数の段階的な反発を引き起こす可能性があります。国際市場で発生した近期の紅海の航行安全問題は、グローバルサプライチェーンの持続性リスクを高め、米国国内の労働市場が堅調なことに加えて、これらの要因は短期的にインフレの上昇リスクを高める可能性があり、FRBの後半期のインフレ対策は依然として挑戦的であり、FRBは将来の通貨政策の調整により慎重になると予想され、これは間違いなくドル高金利およびドル指数の高水準維持により長期間の期待を提供します。短期的には、ドル指数は104の水準でサポートを得る可能性があり、上方の抵抗レベルは105.70近くの前の高値を見るでしょう。

ポンド/ドル

最近、ポンド/ドルは弱含みを示しており、2月以来約0.77%下落して1.26の下で取引されています。一方、英国の1月のCPIデータは市場予想よりもやや良好であり、2023年下半期のGDPが英国経済が「技術的な不況」に陥っていることを示唆しており、市場は英国中銀の利下げ期待を高めています。現在の市場では、英国中銀が今年8月から利下げを開始する可能性が高いと予想されており、年間で利下げが約70ベーシスポイントに達する見通しです。一方、米国の1月の雇用統計は非常に強力であり、インフレデータは依然として頑固であり、これにより、3月または5月の利下げの見通しが弱まり、ドルが強含みとなり、ポンドがさらに圧力を受けました。

今後の展望では、英国の最新のインフレ率は予想をわずかに下回っていますが、他の主要経済国と比較して、絶対値はまだ高い水準にあり、賃金データによれば、英国の雇用市場は引き続き緊密であり、高いインフレ問題はまだ完全に解消されていません。これは、英国中銀が他の主要中央銀行よりも遅れて利下げする可能性について市場の期待を強化する可能性があり、ポンドが比較的強い下押し抵抗力を示す要因となる可能性があります。近日中のポンド/ドルのサポートレベルは1.25付近にあり、抵抗レベルは1.27付近にあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール