お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/21

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、米ドル指数が米国債利回りの下落に連れて104.08で0.25%下落しました。ユーロ/米ドルは0.27%上昇し、1.0808で取引を終えました。ポンド/米ドルは0.23%上昇し、1.2623で取引を終えました。スイスフラン/米ドルは0.05%下落し、0.8819でした。

米ドル指数

先週公表された米国の1月の消費者物価指数(CPI)は予想を大幅に上回り、米国のインフレは依然として強いことを示しました。市場の利下げ期待が低下し続け、米ドル指数は一時105の水準に迫りましたが、慎重な発言と予想を下回る小売売上高データの公表後、指数は一部下落し、全体で0.2%上昇し、104.28で取引を終えました。今週に入り、米ドルの休場とデータが比較的少ないことから、指数は狭いレンジで揺れ動いています。

経済が強靱であり、インフレが粘性を持つ状況下では、米連邦準備制度理事会(FRB)は利下げに対する態度をより慎重にし、市場の期待も徐々に昨年12月のFRBが発表したドットプロットに近づいています。年内の初の利下げ期待が7月に調整され、年間の利下げ回数が3.6回に定められ、10年物国債利回りは4.27%を上回り、最近の米ドル指数の動向を支えています。現時点では、FRBのデータ面は12月のFRB通貨政策会議の予想にかなり合致しており、インフレデータは3%前後を推移し、非農業データも依然として強力です。インフレ抑制と労働市場のバランスの両方が停滞しているように見えるため、FRBはインフレの変化を観察する時間がまだ必要です。インフレが反発リスクがないことを確認し、目標の2%に近づいていることを確認した後、FRBは利下げサイクルに入るでしょう。現時点で、米国の景気後退リスクは大幅に低下しており、経済の基本的な側面はFRBに十分な時間枠を提供しています。上半期のFRBの政策姿勢は様子見に向かうと予想され、データ面の変化が市場の期待の調整を引き続き推進するでしょう。したがって、米ドル指数の将来の見通しでは、米国の経済データが大幅に悪化しない限り、短期間内に指数が強気のトレンドを変えるのは難しいでしょう。中期的には、通貨政策の転換は米ドル指数の動向に不利ですが、利差が大幅に縮小する前に、今後の利上げ会議でFRBが静観するか、市場の予想を下回る程度の利下げを行う場合、指数には反発リスクがあります。

ユーロ/米ドル

先週以降、欧州の経済データは乏しく、ユーロは米ドルに連動しました。米国の経済データが強気を維持し、FRBの利下げ期待が低下する中、ユーロは最近全体的に弱い傾向にあり、年初来で2.2%の下落となりました。

今月初めに発表された欧州の1月の消費者物価指数(CPI)およびコアCPIの前年比成長率はそれぞれ2.8%と3.3%で、前月からわずかに減少しました。政策目標の2%を大幅に上回ってはいますが、欧州のインフレは依然として下落しており、さらに、CPIは米国よりも速いペースで減少しています。そのため、最近の欧州中央銀行(ECB)の利下げ期待への市場の調整は目立ちません。現時点では、利下げが最初に始まるのは6月であり、年間で合計4〜5回の利下げが見込まれています。PMIやGDPなどのデータから見ると、欧州の経済は現在、安定の兆候を示していますが、景気後退の縁にあるという点で依然として不安定であり、さらなる下降リスクがあります。米国と比較して、欧州は利下げを先駆ける可能性が高いようです。将来の見通しでは、個人的には、ユーロの動向は低迷する経済の制約を引き続き受けると考えており、短期的には反発があってもトレンドを形成するのは難しいでしょう。欧米の中央銀行が公式に方針転換するまで、ユーロは引き続き欧米の経済動向や利下げの期待変化の影響を受け、揺れ動く弱い傾向を維持するでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール