お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/22

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、米ドル指数が0.07%下落し、103.99で終了しました。ユーロ/ドルは0.10%上昇し、1.0819で取引を終え、ポンド/ドルも0.10%上昇し、1.2635で終了しました。国際現物金は0.09%上昇し、1オンスあたり2025.90ドルで終了しました。

米ドル指数

市場が米国連邦準備制度理事会(FRB)の初回利下げの時期と今年の利下げ幅の見通しを再評価するにつれ、米ドル指数は105近辺の高値からの調整を開始しました。今週、米ドル指数は揺れながら下落し、104を下回りました。年明け以来、米国の経済データは予想を上回る回復を見せ、政策立案者が利下げを延期する要因となっています。1月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で3.1%上昇し、前月比で0.3%上昇し、再び市場予想を上回りました。特にコアサービスのインフレに影響する家賃が著しく上昇しています。1月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比で0.9%、前月比で0.3%上昇し、市場予想を大幅に上回りました。これは米国のインフレが高水準であることを示しています。金利スワップ市場によると、FRBは今年90ベーシスポイントの利下げを見込んでおり、昨年末から160ベーシスポイントも縮小しています。3月の利下げの確率は6%に低下しました。今後、米ドル指数は一時的な調整に過ぎず、データのサポートを受けて高い水準で揺れる可能性があります。市場は引き続き、強力なデータがFRBにより明確な姿勢を促進できるかどうかを待っており、3月の会合が将来の政策の方向性を示すかどうかに特に注目しています。

ポンド/ドル

ユーロは米ドル指数に連動して反発し、1.08を超えました。ユーロ圏の経済データは最近、一定の回復を示しており、12月の工業生産が前月比2.6%上昇し、市場予想を大幅に上回りました。欧州中央銀行は賃金の上昇圧力が高まり、雇用市場が依然として緊張していると述べ、金利の引き締め期間が予想よりも長くなる可能性があると指摘しています。米ドル指数の調整と欧州中央銀行の利下げ期待の低下がユーロの反発を後押ししました。市場は引き続き、各中央銀行が利下げサイクルに入る準備をしている状況で、データや政策の更なる指針を待っています。主要なユーロ圏経済であるドイツとフランスの経済は依然として弱いため、ユーロ圏の経済展望への懸念がユーロの上昇を制限する可能性があり、米ドル指数が調整を完了した後も、ユーロは揺れ動く傾向が続くでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール