loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/6

市場サマリー

最近の世界外国為替市場の全体的な動向は、通貨政策の期待やリスクセンチメントの変化などの要因に主に左右されています。具体的には、今週初めにドルが大幅に反発し、昨日の終値は104.4557でした。ユーロは米ドル指数の動きに主に従い、そのうちユーロは下降トレンドを続け、昨日の終値は1.0743でした。ポンドは他の非ドル通貨よりもやや劣ったパフォーマンスを示し、昨日の終値は1.2534でした。 貴金属に関しては、金価格が弱含みとなり、1オンスあたり2024.3ドルで取引されています。主要商品では、石油価格が今月下落傾向にあり、昨日の価格は1バレルあたり72.72ドルでした。

米ドル指数

最近のドル指数の動向は、米連邦準備制度理事会(FRB)の通貨政策と米国の基本的な経済状況の影響を受けています。先週木曜日に開かれたFRBの金利決定会合は市場に明らかな影響を与えました。先週金曜日に発表された雇用統計データはドルを大幅に支援し、近7週間ぶりの高水準を更新しました。市場はFRBの短期的な利下げの期待を再び下げました。

先週、FRBの会合でのホークな姿勢や、コア経済データの予想を上回るパフォーマンスがドル指数の急速な反発を支え、金曜日に0.86%上昇して104.6レベルで取引されました。先週木曜日にFRBが利率決定を発表し、通貨政策の記者会見を開き、利率を5.25%から5.5%の範囲で据え置くことを発表しました。同時に、パウエル(FRB議長)は記者会見で3月の利下げの可能性は低いと指摘し、市場が早期に利下げを予期することを望まないホークな姿勢をさらに続けました。先週金曜日にFRBは一連の重要な経済データを発表し、その中には1月の新規雇用者数が35.3万人であり、予想値の17.3万人を大幅に上回り、前月の33.3万人も上回るものが含まれています。また、12月の製造業新規受注も前月より高く、昨日の夜に発表された非製造業PMIも予想値の52.0および前月の50.5を上回る53.4となりました。予想を上回る経済データは、高金利環境下での米国経済の堅調なパフォーマンスを示しており、市場は再びFRBが3月の利下げに対する期待を下方修正しました。利下げのペースに関して、パウエルは米国経済の将来的な成長には依然として一定の不確実性があると述べ、雇用市場がバランスを回復し、インフレデータが2%の目標ラインで安定し、下がる場合にのみ、利下げプロセスが正式に開始される可能性があると述べました。

将来の展望では、政策の期待と経済データの支持により、短期間でドル指数が高水準を維持する可能性があります。他の経済体の基本的な状況が著しく改善しない限り、ドル指数はさらに上昇する可能性があります。今週、米国では一部の役員が演説を行い、初期失業手当の申請数などの経済データが発表され、経済状況とFRBの姿勢がさらに確認されるでしょう。

ポンド/ドル

最近のポンドは主にドル指数の動きに従っており、ドルが急速に反発した背景で、先週金曜日にポンド/ドルは急速に下落し、すでに1.26の水準を割り込みました。その下落率は0.86%となり、ほぼ4か月ぶりの大幅な下落となりました。昨日の終値は1.2534でした。

英国の経済基本面はわずかに回復していますが、米国と比較してまだ差があります。先週水曜日に発表された1月の製造業PMIの初値は47.3で、前月の46.2より高かったことから、最近の英国経済がいくぶん回復していることが示されました。しかし、米国が公表した12月の消費支出、第4四半期のGDP成長、および1月の雇用統計データが示す経済の抵抗力と比較すると、英国の経済は依然として弱い傾向を示しています。そのため、急速な反発の背景で、英国の比較的弱い経済基本面はポンドの動向を支える力がなく、急速な下落傾向が現れました。

将来の展望では、短期間ではFRBの会合のハードな姿勢と米国の経済データの予想を上回るパフォーマンスの影響を受けて、ポンドは小幅な下落トレンドを継続する可能性があります。中長期的には、高金利水準下での米英経済の基本的な違いがポンドの弱さの根本的な原因です。英国経済が著しく改善しない限り、ポンド/ドルが反転するのは難しいと予想されます。英国は2月初めに2024年の初回金融政策会議を開催する予定であり、インフレトレンドと経済状況がさらに確認され、中心データに裏付けられた経済展望が英国中央銀行の利下げペースを支える可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール