loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/2/9

市場サマリー

昨日の外国為替市場は比較的小幅な変動があり、ドル指数はわずかに0.09%上昇し、104.1405の水準で終了しました。非米通貨は上下に動き、ユーロはわずかに0.06%上昇し、1.0778で終了しました。ポンドはわずかに0.05%下落し、1.2619で終了しました。ドル対カナダドルは0.04%下落し、1.3458で終了しました。ドル対スイスフランは0.09%下落し、0.8738で終了しました。国際現物金はわずかに0.05%下落し、1オンス当たり2033.785ドルで終了しました。

米ドル指数

先週水曜日に、連邦準備制度理事会(FOMC)は新年最初の会議を開催し、利上げを維持することを発表し、市場の予想に合致しました。これは市場に明確な影響を与えず、先週金曜日に発表された雇用統計は予想を大幅に上回る35.3万人に達し、前値も上回りました。12月のデータは11.7万人増の33.3万人に上方修正され、失業率は3.7%で予想の3.8%よりも優れています。賃金の増加率も予想を大幅に上回りました。楽観的なデータの影響を受けて、ドル指数は当日0.9%上昇し、最高で104を超えました。今週の米国の経済カレンダーは薄く、ドル指数の変動は小さく、依然として104を超えた水準で揺れ動いています。

ニュース面では、最近の市場は主に連邦準備制度理事会(Fed)政策立案者の発言に焦点を当てています。昨日、Fedの3人の役員が現時点で緊急の利下げが必要という理由を見つけていないと述べました。昨年のインフレは大幅に鈍化しましたが、最も早くても5月まで待つ必要があると予想されています。この立場は、先週Powellが述べた見解と大部分が一致しています。Powellは、政策立案者が2%の目標に向かってインフレ率を進める前に、Fedは利下げを開始するつもりはないと強調しました。ホーク派の見解は利下げの見通しを後退させました。個人的には、この影響を受けてドル指数がある程度の支持を受けると考えられますので、短期的にはドル指数は相対的に堅調を維持するでしょう。中長期的には、より多くのポジティブなニュースがない限り、後続の米国経済が減速する兆候が現れると、市場は再び利下げの期待を強め、米国債利回りが再び低下する可能性があり、それによりドル指数の動向が悪化する可能性があります。

日次チャートを見ると、ドル指数は現在、ボリンジャーバンドの上限に位置し、下部の移動平均線グループが支持されています。短期的には、ドル指数は104の水準付近で揺れ動くことが予想され、揺れ幅は103.5から105の間になります。

ポンド/ドル

先週金曜日以来、ポンド/ドルはドル指数の強さの影響を受けて2日連続で大幅な下落を見せ、今週は1.26の水準付近で揺れ動いています。

ドル指数の圧力を受けながらも、英国経済は最近相対的に良好なパフォーマンスを示しています。1月の英国製造業PMIは47.3となり、9か月ぶりの最高水準を記録し、サービス業PMIは54.3となり、7か月ぶりの高水準に達しました。英国中銀は今年の英国経済成長予想を引き上げ、今年のGDPは前年比0.25%増と予想されており、前年11月のほぼゼロの予想よりも高い水準です。2025年のGDPは0.75%増となり、これまでの予想を上回っています。良好な経済見通しはポンドを支持するでしょう。

技術的な観点から見ると、ポンド/ドルは現在、ボリンジャーバンドの下限の上にあり、明確な方向性のトレンドはなく、短期的には1.2550から1.28の範囲内で揺れ動くことが予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール