お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/1

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、米ドル指数が0.19%上昇し、104.13で取引を終えました。ユーロは米ドルに対して0.30%下落し、1.0805で取引を終えました。ポンドは米ドルに対して0.29%下落し、1.2624で取引を終えました。国際的な現物金価格は0.48%上昇し、1オンスあたり2043.99ドルで取引を終えました。

米ドル指数

先月全体を通じて、米ドル指数は1月の上昇トレンドを継続しましたが、勢いは次第に弱まっており、2月中旬以降、市場のリスクセンチメントの変化の影響を受けて、わずかに下落しました。将来的には、アメリカの経済データの良好なパフォーマンスや、利下げの期待が修正され続けることにより、米ドル金利がより長期間高水準を維持する可能性が高まり、米ドル指数を引き続きサポートすると予想されています。

データ面では、2月の米国のサービス業PMIが51.3、製造業PMIが51.5となり、17か月ぶりの高水準を記録し、アメリカ経済の抵抗力が依然として存在していることをさらに確認しました。同時に、インフレデータが上昇傾向にあり、昨日発表された1月のPCEデータが基本的に市場の予想に合致していたとしても、インフレの粘性は無視できません。政策面では、先週の通貨政策会議の議事録や連邦準備制度理事会(FRB)メンバーの発言から、FRBは今年中に利下げを開始すると予想していますが、利下げの時期については常に慎重な姿勢を示しています。これにより、市場は利下げのタイミングを先延ばしし、現時点では利下げの初回予想が5月から6月に延期されました。全体として、短期間では、米ドル指数が一定の水準で通貨政策やリスク回避感情のサポートを受け、関連する主要データのパフォーマンスに従って波動し、短期間の大幅な下落が限られると予想されます。

ポンド

年初から、米ドルの強さに押されて、非米ドル通貨は一般的に圧力を受けていますが、ポンド兌米ドルは高水準を維持し続けており、G10通貨の中で堅調なパフォーマンスを見せています。ポンドの強さは、イギリスの良好な経済データと英国中央銀行(BOE)の政策トーンの支持から主に来ています。データ面では、イギリスの2月のサービス業PMIが54.3、製造業PMIが47.1であり、2月の総合購買担当者指数が9か月ぶりの高水準を記録し、イギリスの経済活動が強化されていることを示しています。また、イギリスの雇用市場は好調であり、失業率は低水準を維持し、賃金の減少速度も予想よりも緩やかです。同時に、インフレも持続的に低下しています。通貨政策面では、BOEのベイリー総裁は、昨年末にイギリス経済が景気後退に陥った後、明らかな改善の兆候が見られたと述べ、今年の利下げに対する投資家の期待は合理的ではないと述べました。市場のカーブは基本的に、BOEが年内に利下げすることを反映していますが、ベイリー総裁は利下げの時期や程度を予測していません。現時点では、市場全体がBOEが8月に利下げを開始すると予想しています。もしBOEが利下げをFRBや欧州中央銀行よりも遅れて行う場合、それはポンドにとってプラスになるでしょう。技術的なチャートを見ると、短期間では、重要なデータや政策の転換がない限り、ポンドは1.25-1.28のレンジで持続すると予想されます。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール