お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/14

市場サマリー

昨日の外国為替市場では、ドル指数がわずかに下落し、102.9356で取引が開始され、102.8119で終了し、0.12%程度の下落となりました。ユーロ/ドルは0.18%上昇し、1.0947で取引されました。ポンド/ドルは前の取引日とほぼ変わらず、1.2796で取引されました。ドル/スウェーデンクローナは10.2375で取引が始まり、10.2274で終了し、約0.06%の下落となりました。

ポンド/ドル

ポンド/ドルは今週、レンジ内で揺れ動き、1.2855で取引が開始され、最低値は1.2743、最高値は1.2862に達しました。

経済データでは、火曜日に発表された1月の英国失業率は3.9%で、前月と予想を上回りました。賃金データも7か月ぶりの高水準から下落し、前月と予想を下回りました。この影響で、ポンドは当日0.16%下落し、昨日はわずかに1.2796まで回復しました。

通貨政策面では、イングランド銀行のベイリー総裁は、昨年末に英国経済が景気後退に陥った後、明らかな回復の兆候が見られ、今年の利下げに対する投資家の賭けは不合理ではないと述べました。現在、市場では英国銀行が8月に利下げを開始するとの予想が一般的です。ただし、数か月間のインフレ率の下落が見られるものの、利下げを支持するにはより説得力のある証拠が必要であるとする意見もあります。一方で、今週の労働市場関連データは減速の兆候を示しており、市場は将来のイングランド銀行の利上げの期待を下げる可能性があり、これはポンドにとって否定的な要因であり、来週開催されるイングランド銀行の金融政策委員会に重点が置かれるでしょう。技術的には、ポンド/ドルは1.2625を突破しましたが、今週は1.2850を上回るかどうかが注目されます。現時点では、下支持線は1.2500にあり、上抵抗線は1.2850にあります。

ユーロ/米ドル

ユーロ/ドルは今週、ドルの下落を受けて高い水準で揺れ動き、1.0941で取引が開始され、最低値は1.0902、最高値は1.0964に達しました。

経済データでは、ユーロ圏の2月総合およびサービス業PMIの初値が前月および市場予想を上回りましたが、製造業PMIの初値は46.1と前月および予想を下回り、ドイツを含む主要なユーロ圏経済の製造業PMIは42.3となり、製造業活動がさらに縮小していることを示しています。同時に、先週の金融政策会議で欧州中央銀行は2024年の実質GDP成長予測を0.6%に下方修正しました。これはユーロ圏経済の成長が依然として弱い状況であり、景気後退リスクが依然として存在することを示しており、欧米経済の基本的な違いがユーロを押し下げています。

通貨政策面では、先週の金融政策会議で欧州中央銀行は利率を据え置きました。ラガルド総裁は記者会見で、ユーロ圏のインフレが確かに2%の目標に向かっていると述べましたが、このプロセスの持続性を確保するための十分な自信がまだないとし、6月により明確にする可能性があると述べました。欧州中央銀行の比較的鳩派の立場により、今年の利下げ予想は約110ベーシスポイントに上昇し、ユーロのパフォーマンスを抑制しています。技術的には、ユーロ/ドルの下支持線は1.0850にあり、上抵抗線は1.1120にあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール