お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/28

市場サマリー

昨日、米ドル指数はわずかに0.02%下落し、104.29で終了しました。主要な非米通貨は上下に変動し、ユーロは米ドルに対して0.03%下落し、1.0828で推移しました。ポンドは米ドルに対して0.12%上昇し、1.2640で取引されました。米ドルはスイスフランに対して0.02%下落し、0.9038でした。国際現物金は0.74%上昇し、オンスあたり2194.74ドルでした。

米ドル指数

先週、日本銀行が利上げを鳩派的に行い、英国銀行が姿勢を鳩派に転換し、スイス国立銀行が予想外に利下げしたこと、そして市場が欧州中央銀行が利下げを早める可能性を押し上げたことで、米ドル指数は強力に反発し、再び104を超えて二週連続で上昇しました。今週に入って、情報面の影響は先週よりも弱まり、米ドル指数は一時的に狭いレンジで高値安値を繰り返し、現在104.35の水準で取引されています。

今後の展望では、米連邦準備制度理事会(FRB)は3月の会合で年内の利下げペースを維持する方針を基本とすると見られますが、FRBの経済予測およびドットプロットの調整は市場が利下げ期待を過度に高めるのを難しくするでしょう。短期間での見通しでは、米ドル指数は100から105のレンジで高値安値を繰り返すと予想されます。同時に、主要な経済国の中央銀行がすぐに利下げサイクルに入る見通しであることを考慮すると、米国のインフレ、雇用、および経済が依然として強いことを考慮すると、他の非米国中央銀行がFRBよりも早く利下げするリスクに警戒する必要があります。明日の夜に発表される2月のPCE物価指数に特に注意することができます。データが依然としてインフレリスクを示す場合、FRBが利下げに急ぐ必要はないという方針がさらに強化される可能性があり、利下げ期待が上昇するリスクがあります。

ポンド/米ドル

先週、ポンドの動向は主にドルの変動や英国銀行の利上げ決定に影響を受けました。英ポンド/ドルは週全体で1.2600まで1.07%下落し、終値はほぼ1か月ぶりの新安値をつけました。今週に入り、ポンドは引き続きドルの動きに従っており、現在は1.2630付近で取引されています。

ドルの強さに加えて、英国銀行の姿勢が全体的に鳩派に傾いていることも、先週のポンドの弱含みの重要な要因でした。具体的には、3月の会合で英国銀行は利上げを予想通りに5.25%で5回連続して据え置きました。しかし、金融政策委員会の9人のメンバーのうち、今回の会合では8人が利上げを維持することに賛成し、1人が利下げを提案しました。これは2021年9月以来、委員会の中で加入者が利上げを支持しなかった初めての会合であり、市場予想をわずかに上回りました。また、英国銀行の総裁であるベイリーは、引き締め政策がインフレに対処し、賃金と物価の良い循環を促進するのに効果的であると述べ、年内の会合は利下げの可能性を開放的な態度で見守っています。英国銀行のより鳩派的な投票結果と口調の変化により、市場は英国銀行の利下げ時期を予想することが早まりました。現時点では、英国銀行がFRBや欧州中央銀行の列に加わり、6月に利下げを開始する可能性が50%を超えていると一般的に考えられています。

将来の展望では、英国銀行の利下げ時期が他の主要な経済指標よりも遅れるとの市場の予想が高まるにつれて、ポンドのサポートが弱まると見込まれます。ドルの強さが終わる気配がない中、短期間ではポンドがやや弱いレンジで揺れ動くと予想されます。最近のポンド/ドルのサポートレベルは1.2490付近にあり、抵抗レベルは1.28付近にあります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール