お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/29

市場サマリー

昨日、ドル指数は上昇トレンドを継続し、日中で0.11%上昇し、104.56で推移しました。主要な非米通貨は全般的に下落し、ユーロは0.37%下落し、1.0787で取引されました。ポンドは0.13%下落し、1.2622で、豪ドルは0.29%下落し、0.6515で、ドル/円はわずかに0.03%上昇し、151.37でした。国際現物金価格は大幅に上昇し、1.76%上昇して2232.38ドル/オンスとなりました。

米ドル指数

最近、強力な米国の経済データと市場の米連邦準備制度(FRB)のホーク派通貨政策の期待を支えに、ドル指数は強いパフォーマンスを維持し、昨日104.56で推移しました。

基本的には、FRBの利下げ期待の変化が依然として外国為替市場のトレンドを主導しています。昨年末以来、米国のインフレは粘性を示し、経済のパフォーマンスは世界的に明らかな相対的優位性を持っています。このため、FRBの利下げ期待が徐々に縮小しており、これが今年以降のドルの強さを支えています。先週発表された米国の3月製造業PMIの初値は52.5で、前値の52.2より改善され、市場予想の51.7を大幅に上回りました。昨日発表された米国の四半期GDPの年率季節調整値は3.4%で、市場予想および前値の3.2%よりも優れており、顕著な経済データは米国の経済基本面の強さをさらに示しています。このことから、市場はFRBが他の非米中銀よりも遅れて利下げに入るという期待を強化し、これが今後の一段の期間にわたってドルレートのサポートを提供する可能性があります。投資家には、将来の経済データの変化に引き続き注意を払い、インフレの粘性が利下げ期待をさらに引き下げ、FRBの将来の利下げが予想よりも実施されない場合のドル指数への影響に警戒することをお勧めします。

ユーロ/ドル

強いドルの背景に押されて、今年初め以来、ユーロのレートは持続的な圧力を受けています。昨日、ユーロ/ドルは下落トレンドを継続し、1.08の整数レベルを下回り、1.0791で取引を終えました。

基本的には、市場が米欧通貨政策の期待の差異に依然として影響されています。最近の経済データによれば、ユーロ圏の経済成長は依然として鈍化しており、今週発表されたユーロ圏の3月消費者信頼指数は-14.9を記録し、工業景気指数は-8.8となり、前回よりわずかに改善しましたが、明確な改善は見られませんでした。先週発表されたユーロ圏の月次PMIデータも軟調なパフォーマンスを維持し、サービス業PMI(51.1)が拡張区間に達したものの、総合PMI(49.9)や製造業PMI(45.7)は引き続き景気後退のラインを下回っています。これにより、ユーロ圏経済の低迷が続いていることがわかります。通貨政策の面では、ユーロ圏のインフレが徐々に低下していることに加えて、経済の基本的な弱さと脆弱なパフォーマンスが重なり、多くの欧州中央銀行(ECB)の役員が早期の利下げを迅速に行う方針を表明しています。これはFRBの利下げ期待とは対照的であり、市場はECBがFRBよりも早く利下げを実施するという期待が強まっています。今後、欧米経済の相対的な強弱のパフォーマンスと欧米中央銀行の政策立場の影響を受けて、ユーロのレートはさらなる下落圧力にさらされる可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール