お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/5

市場サマリー

昨日の外国為替市場は比較的静かな動きで、ドル指数はわずかに0.05%下落し、103.832でした。ユーロは0.11%上昇し、1.0854で取引されました。ポンドは0.3%上昇し、1.2690で取引されました。豪ドルは0.12%下落し、0.6511でした。ドル/円は0.27%上昇し、150.51でした。国際的な現物金価格は大幅に上昇し、1.62%上昇して2114.99ドル/オンスでした。

米ドル指数

今年2月以降、米国の強力な経済データの支持を受けて、ドル指数は強い動きを維持しています。直近の取引日において、市場は連邦準備制度が高金利をより長期間維持するという期待を徐々に受け入れる中、ドル指数の上昇勢いがやや鈍化しました。昨日の時点で103.832でした。

基本的には、連邦準備制度の利下げ期待の変化が外国為替市場の動向を主導する最も重要な要因です。昨年末以来、米国のインフレが抑制されており、世界経済での相対的な優位性が示されていることから、市場は連邦準備制度の利下げ期待が次第に縮小してきました。これは、ドルが外国為替市場で相対的に強いパフォーマンスを続ける要因となっています。注目すべきは、先週公表された米国の経済データが一定の変動を示したことです。2月のISM製造業PMIはわずかに前月の49.1と予想の49.5を下回る47.8にとどまりました。また、1月の小売り売上高や耐久財受注データも前月や予想を下回り、失業救済の申請者数もわずかに反発しました。今後、米国経済がさらに冷え込む可能性があれば、市場は連邦準備制度の利下げ時期を再評価することになり、ドル指数に一定の圧力をかける可能性があります。

ポンド

ユーロの動向は引き続きドルの変動に従います。年初から、ドル指数の強い背景に支えられて、ユーロの相場は圧迫されています。昨日、ユーロ/ドルはわずかに変動し、1.0854で取引を終えました。

基本的には、市場は米欧の通貨政策の期待差がユーロの相場に影響を与えています。直近の経済データから見ると、ユーロ圏の経済は依然として弱い傾向があり、ユーロ圏の2月の経済景気指数は96.7の予想を下回る95.4となりました。ドイツの1月の実際の小売り売上高は前月比-0.4%と予想を下回り、高金利が経済成長を抑制している影響が続いています。一方、米国の経済全体は比較的強い状況を維持しており、連邦準備制度には高利を維持する余裕が与えられています。今後、ユーロ圏の経済が短期間で改善されない限り、利下げの期待が高まることにより、ユーロは一段と弱含みを示す可能性があります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール