お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル

【FX デイリーレポート】2024/3/7

市場サマリー

昨日、ドル指数はわずかに0.05%下落し、103.78で取引を終えました。主要な非ドル通貨は全般的に上昇し、ユーロ/ドルは前日とほぼ変わらず、1.0857で取引されました。ポンド/ドルは0.11%上昇し、1.2706で取引されました。ドル/スイスフランは0.17%下落し、0.8834で取引されました。国際現物金は0.63%上昇し、1オンスあたり2127.63ドルで取引されました。

米ドル指数

今週、ドル指数は引き続き狭いレンジで揺れ動き、過去2日間の日々の変動幅は40ポイント未満で、現在は103.80付近で取引されています。2月上旬には、市場がアメリカの1月の強力な雇用およびインフレデータを段階的に消化するにつれて、連邦準備制度理事会(FRB)が利下げする可能性が大幅に低下しました。市場はFRBの年間利下げの予想を7回から3回に引き下げ、最初の利下げの時期を3月から6月に延期しました。これにより、アメリカ債券利回りやドル指数が引き続き強気に推移しました。しかし、2月下旬以降、一部のアメリカ経済データが悪化し、経済の一部が緩やかな減速の兆候を示していることに加えて、最近は重要な経済データやFRBの重要な役員の発言に欠けており、ドル指数の上昇勢いがやや弱まり、変動が収束しつつあり、最近は狭いレンジでの高い揺れが続いています。

将来の展望としては、現在の市場がFRBの利下げの予想にかなり合理的なことを考慮すると、市場の利下げの価格設定がFRBの利下げの予想に近づいており、ドル指数の大幅な上昇空間は限られていると予想されます。ドルの動向はデータに依存するモードに入ると見込まれます。今週はアメリカの2月のADPや雇用などの一連の労働市場データのパフォーマンスに重点を置き、FRB議長パウエルの議会での演説に注目すると、ドル指数の次の動向に大きな影響を与える可能性があります。

ポンド/ドル

最近、英国では重要なデータが発表されていません。ポンドの動向は主にドル指数の変動に従っています。今週に入り、アメリカの2月のISM非製造業PMIデータが予想を下回った影響で、ドル指数はわずかに下落しました。昨日、ポンド/ドルは1か月ぶりに1.27の水準を回復し、現在は1.2650から1.2750の狭いレンジ内で揺れ動いています。

今週の展望としては、一方では、英国の2024年の財政予算に注目できます。市場は英国政府が経済を刺激するために150億ポンドの財政緩和計画を発表すると予想しており、同時に一定の税金軽減策も実施すると予想しています。適切な拡張的財政刺激を考慮すると、英国の内生的インフレを押し上げ、英国中銀の利下げを一定程度遅らせる可能性があり、短期的にはポンドを支援する可能性があります。一方、今週はFRB議長パウエルが議会で半期ごとの証言を行い、欧州中央銀行が最新の利率決定を発表し、アメリカが2月の雇用統計を公表するなど、多くの要因が外国為替市場の動向に影響を与える可能性があります。もし市場が再びFRBの利下げの予想を高めるならば、それはポンドの動向をさらに支援するでしょう。最近のポンド/ドルのサポートレベルは、120日移動平均線が位置する1.2507であり、レジスタンスレベルは前回高値の1.2786付近です。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • デイトレ

    EA TAKATAN

    ¥0¥60,000
  • デイトレ

    K_Gem_GBPJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
  • セール
    アノマリー

    ZenYen Master

    5段階中0の評価
    ¥0¥49,800
  • デイトレ

    K_Kewl_USDJPY_SC

    5段階中0の評価
    ¥0¥24,800
お買い物カゴ
上部へスクロール