loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
EURUSD分析のアイキャッチ画像

【EURUSD】通貨ペア分析レポート-2024/2/8

市場動向と要因分析

EUR/USDはまだ1.0722のサポートライン上に堅持しており、現時点でのバイアスは中立的です。下値では、1.0722の断固たるブレイクが、1.0447からの全体の上昇が完了したとの議論を呼ぶでしょう。その場合、さらなる下落がこの安値を目指すことになるでしょう。一方、上昇の場合は、1.0896のレジスタンスのブレイクが短期的な底入れを示すために必要です。そうでない場合、回復の場合はリスクが下向きに留まるでしょう。

テクニカル分析とサポート

1.1274からの値動きは0.9534(2022年の安値)からの上昇の修正パターンと見なされています。1.0447からの上昇は2番目の段階と見なされています。さらなる上昇は考えられますが、上昇は1.1274で制限されるべきです。これはパターンの第三段階をもたらします。一方、1.0722のサポートの持続的なブレイクは、1.0447からの第三段階が既に始まっているとの議論を呼ぶでしょう。

トレード戦略

EUR/USDのインデイトレンドは現時点で中立的なままで、焦点は1.0722の構造的サポートに留まります。そこでの断固たるブレイクは、1.0447からの全体の上昇が完了したとの議論を呼ぶでしょう。その場合、さらなる下落がこの安値を目指すことになるでしょう。一方、上昇の場合は、1.0896のレジスタンスのブレイクが短期的な底入れを示すために必要です。そうでない場合、回復の場合はリスクが下向きに留まるでしょう。

まとめ

EUR/USDは依然として1.0722のサポートライン上に堅持しており、トレンドは中立的なままです。大局的な視点から見ると、1.1274からの価格変動は0.9534(2022年の安値)からの上昇の修正パターンと見なされています。1.0447からの上昇は2番目の段階と見なされています。さらなる上昇は考えられますが、上昇は1.1274で制限されるべきです。これはパターンの第三段階をもたらします。一方、1.0722のサポートの持続的なブレイクは、1.0447からの第三段階が既に始まっているとの議論を呼ぶでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール