loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2024/1_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2024/1/3

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2024/1/3

火曜日(1月2日)、米国債利回りの急激な上昇により、米ドル指数は0.799%上昇し、10月以来の最大の1日のパーセンテージ上昇を記録しました。円/ドルは0.75%下落し、141.98で取引されました。2023年には、米ドル指数が2%下落し、2年間の上昇トレンドが終了しました。これは、投資家が米連邦準備制度が年内に大幅な利下げを行うと予想しているためです。先月、米連邦準備制度が2024年に利下げの可能性を示唆したにもかかわらず、一部の機関の分析によれば、「市場は依然としてアメリカ経済が強力であることに気付いている」とあり、今年も引き続き強い可能性があります。したがって、市場の期待通りに米連邦準備制度が利下げに入るかどうかは、さらなる観察が必要です。投資家は今週、欧州のインフレデータ、米国の求人空缺および雇用統計など、さまざまな経済データを注視する予定であり、これらのデータは市場の米連邦準備制度および欧州中央銀行の通貨政策の方向に対する期待に影響を与えるでしょう。米連邦公開市場委員会(FOMC)は水曜日に12月の会議議事録を公表予定であり、これにより政策立案者が利下げの可能性に対する見解をさらに理解することができます。すべての要因が示すように、米連邦準備制度が早期の利下げがまだ必要でないとされれば、米ドルは昨年の低水準から一層反発する可能性があります。デイリーチャートでは、技術指標であるMACDのシグナルラインがデッドクロスを示し、相対強弱指数(RSI)も転換の兆候が見られます。これは、ドル/円が140水準のサポートが比較的強固であることを示しています。上方向の初期の抵抗は143近くにあり、これを突破すると、さらに145の抵抗をテストすることになります。最近は、ドル反発のリスクに備えることが主要な懸念事項です。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2024/1/3

火曜日(1月2日)、米ドルの急激な反発の影響を受けて、豪ドル/米ドルは0.78%急落し、0.6761で終了しました。オーストラリア国内では、データによれば昨年の住宅価格は8%上昇しましたが、昨年の終わりの数か月間の成長速度は、利上げと負担能力の悪化が一定程度で減速しました。市場は依然として、豪州中央銀行が既に通貨政策の引き締めを完了し、次のステップは利下げであると見ています。金利差の利点が次第に失われれば、豪ドルは上昇のサポートを得るのが難しくなるかもしれません。技術的には、豪ドル/米ドルの上昇が停滞し、5日移動平均線が10日移動平均線を下回っています。サポートは21日平均線の0.6722で、これを下回れば上昇トレンドの終了が確認されます。10日平均線の0.6806は現在レジスタンスです。もし0.6720を下回れば、目標は10月/12月の上昇トレンドの38.2%リトレースメントレベルである0.6641に向かう可能性があります。0.6810を突破しない限り、短期的な上昇トレンドが再燃する可能性は低いです。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール