loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/18

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/13

先週金曜日(12月15日)、ドルは若干反発し、ドル指数はニューヨーク市場の終盤に0.56%上昇し、102.52で終了しました。ドル/円も0.24%上昇し、142.18で終了しました。金曜日、ニューヨーク連邦準備銀行の総裁であるウィリアムズ氏は、「現時点で利下げについて本格的に議論していない」と述べ、「利下げを予測するのはまだ早すぎる」と述べました。彼の発言は、ある程度市場が消化した期待を実際にはまだ完全に認識していないという事実を強調するものでした。利率市場では、来年のドル利下げの期待がやや過剰であるとの見方があり、これに対して米連邦準備制度委員会(Fed)の関係者が冷水を浴びせる状況で、トレーダーは外国為替市場でドルの急激な空売りポジションを一部決済し、これによりドルの下落が一時的に安定しました。一方、円については、日本銀行が今月最後の会議を開催する主要な中央銀行であり、トレーダーや投資家が注視しているのは、その銀行が低金利政策を維持する意向を示すかどうかです。もし日本銀行が緩和政策を一段と緩和する態度を示すなら、円は引き続き外国為替市場で好感され、上昇するでしょう。逆に、日本銀行の態度が依然として曖昧であれば、ドル/円は空売りの力強い影響を受け、一部の下落を修復するでしょう。日足チャートでは、ドル/円は短期間の空売りの修復を行っていますが、全体的には下降トレンドを維持しており、ボリンジャーバンドは広がり続けています。下方で140のサポートを下回れば、今年7月の低水準である137.00近辺をさらに探る可能性があります。上方の抵抗は順に143、144.75、146.20にあります。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/18

先週金曜日(12月15日)、豪ドル/米ドルは基本的に最近の高水準で安定し、その日の終値は0.6705で、わずかに0.06%上昇しました。先週金曜日の中国のデータによると、11月の工場および小売業の成長が加速し、中国のデータは経済が改善しており、豪ドルに一部の支持を提供しています。また、先週、米連邦準備制度理事会(FRB)の議長であるパウエルが「利下げが視野に入る」との鳩派的な発言をした後、豪ドルは大きな支えを受けました。しかし、週末前には、FRBの一部の高官が利下げの噂を鎮めようとし、インフレがさらに進展するのを見る必要があると警告しました。アトランタFRBのボスティック議長は、ロイターのインタビューでこの情報に応え、「利下げは急務ではない」とし、初の利下げは2024年第3四半期のある時点で発生する可能性があると述べました。FRBの高官たちは、利下げの見通しを極力鈍らせるよう努めているようです。その結果、豪ドル/米ドルの上昇勢は先週金曜日にやや弱まりました。ただし、12月にFRBは利率を3回目に変更せず、パウエル議長は以前の厳格な口調を変え、利下げへの期待がますます強まっている市場に対して、その雰囲気は薄れにくいでしょう。したがって、豪ドルを買う理由は売る理由よりも大きいかもしれません。0.6720を明確に突破すると、2023年の高値/安値の61.8%のフィボナッチ・リトレースメント0.6819を目指します。サポートレベルは10日移動平均線0.6610および21日移動平均線0.6598で、0.6595を下回ると、短期的なトップが形成されたことを示すことになります。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

お買い物カゴ
上部へスクロール