loader image

お役立ち情報

システムトレード(FX自動売買)に関するお役立ち情報を随時更新中!

Pick up!

ページタイトル
外国為替市場の動向_2023/12_アイキャッチ

【外国為替市場の動向】2023/12/27

USD/JPY

シストレ.COM_外国為替市場の動向_USD/JPY_2023/12/26

12月26日(火曜日)は、クリスマス後の最初の取引日でした。この日、米ドル指数は0.18%下落し、101.44となりました。米ドル/円は142.47付近で基本的に横ばいで、非常に狭いレンジで推移しました。外国為替市場では、米連邦準備制度が利下げする期待が他の通貨に対するドルの魅力を削弱させました。これにより、円は最近の5か月ぶりの高値に近づいて安定しています。日本の中央銀行総裁である植田和男は月曜日に「中央銀行のインフレ目標を達成する可能性が「徐々に高まっている」と述べ、持続的に2%の目標を達成できる見通しが「十分に」強化される場合、政策の変更を検討すると語りました。植田総裁は最近、鷹派の発言を通じて通貨政策に関するコメントを繰り返しました。これは、円がマーケットでの利下げ時代が終わる可能性があるとの期待を高め、円を押し上げる要因となりました。米ドルが引き続き下落し、円の利上げ期待が高まる場合、円はその上昇トレンドを継続する可能性があります。ただし、雷の音だけが聞こえて雨が降らない場合、円は再び弱含む可能性があります。日足チャートでは、ドル/円は短期的に調整モードに入り、下方の142が一時的に強力なサポートとなっているようです。もしも急激な変動があれば、そのレンジは主に141から145の間に集中するでしょう。

AUD/USD

シストレ.COM_外国為替市場の動向_AUD/USD_2023/12/26


12月26日の火曜日、豪ドル/米ドルは先週金曜日のクローズに比べて0.38%上昇し、これまでに五か月ぶりの高水準である0.6826を記録しました。火曜日、オーストラリア、香港、イギリスなどの主要市場は依然として休場中で、豪ドルは穏やかな市場で主に米ドルの継続的な下落から利益を得ています。米ドルについては、連邦準備制度が利下げする期待が他の通貨に対するドルの魅力を削弱させたためです。多くのアナリストは、2024年にはアメリカ経済が明らかに減速すると予想していますが、連邦基金利率と実現されたインフレ率の差があまり広がらないように、連邦準備制度も行動を起こすと予測しています。インフレ率の減少が連邦準備制度の指標利率よりも速い場合、通貨の緊縮が予想以上になり、経済が硬着陸するリスクが高まります。したがって、Action Economicsのアナリストは火曜日のレポートで、「インフレが引き続き冷え込むと予想され、これにより政策立案者は6月までに利下げする余地があり、実質利率が収縮するのを防ぐことができる」と指摘しています。来年のドル利上げの期待が高まる中、豪ドルにとっては好材料のように見えます。なぜなら、来年のオーストラリア準備銀行による利下げの期待は、連邦準備制度のそれほど強烈ではないからです。金利の差や市場でのリスク志向の改善が進むなか、豪ドルの継続的な上昇を支える可能性があります。デイリーチャートでは、豪ドル/米ドルは引き続きボリンジャーバンドの上部ラインに沿って上昇し、各種の技術指標が上向きを保っており、豪ドルの買いが優勢であることを示しています。0.67を下回らない限り、上昇トレンドが逆転する可能性は低いでしょう。

目次

  • 本サービスは、投資判断の補助として情報を提供することを目的としており、明示的な投資勧誘を意図して提供されていません。投資方針や最適な時期の選択については、利用者自身での判断が必要です。また、当サービスの利用により生じたいかなる損害に対しても、シストレ.COMは一切の責任を負いかねることをご了承ください。

おすすめ自動売買ツール(EA)

  • グリッド

    QQQ SNOW BTC

    5段階中0の評価
    ¥0¥52,000
  • セール
    スイング

    kotukotu-EX

    5段階中0の評価
    ¥0¥40,000
  • セール
    スキャルピング

    BREAK MASTER

    ¥0¥19,800
  • スキャルピング

    Essential_USDJPY

    5段階中0の評価
    ¥0¥39,800
お買い物カゴ
上部へスクロール